用兵の道は心を攻むるを上と為す (中国からの侵略について 後編)

  昨日のエントリーのつづきです。 1.世界観の立場から尖閣を固定せよ 軍事的な尖閣防衛とは別に、もっと金を掛けず、血も流さない方法がある。それは、軍事戦略の更に、上位概念として、尖閣は日本の領土であり、領土問題など元からないのだ、という世界観・政策レベルで推してゆくという手。 「用兵の道は心を攻むるを上と為す。城を攻むるを下と為す。心戦を上と為す。兵戦を下と為す」、…

続きを読む