G20のお墨付きを得たアベノミクス

  4月22日、東京外国為替市場の円相場は、1ドル=99円70~71銭で大方の取引を終え、ついに100円目前の水準となった。日経平均も円安を好感し、日経平均の終値は1万3568円37銭と年初来高値を更新している。 これは、先週行われていたG20財務相・中央銀行総裁会議で、各国が日本の金融政策を容認したことを受けてのものと見られている。 19日に採択されたG20の共同声明の訳…

続きを読む