日比野庵本館 再開のお知らせ


当ブログ管理人の日比野です。

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。本日より、公開制限が解除されましたので、日比野庵本館を再開いたします。

事の経緯を簡単に説明させていただきます。

10月30日、プロバイダから「日本音楽著作権協会様より「当協会が著作権を有する音楽著作物の著作権を侵害する情報が掲載されているので、送信防止処置を講じてほしい」旨の申告を受け、公開停止措置とした旨の連絡があり、同日より公開停止となりました。

指摘を受けた記事は、歌詞を転載していた2010年~2011年の記事で、該当記事を削除および、今後同様な記事の掲載をしないということで再開となりました。

自らの不明を恥じると共に、日頃、閲覧いただいている皆様に深くお詫び申し上げます。今回の件で、管理人も色々思うところがあり、近々にブログ運営を見直し、大改装する積りでおります。

これまでの日比野庵とは大きく様変わりするかと思いますけれども、また、1から出直したいと思っております。これまで同様、御支援、閲覧いただけますようお願い申し上げます。

簡単ではありますけれども、本日はご報告まで。


付記:なお、公開停止期間中の記事更新先として、日比野庵旧館を立ち上げております。合わせてご利用いただければ幸いです。

日比野庵旧館 http://blog.livedoor.jp/kotobukibune_bot/


今後とも、よろしくお願いいたします。

この記事へのコメント

  • ちび・むぎ・みみ・はな

    歌詞を広めてくれる者がいなければ
    元歌も広まらないだろうに.
    著作権協会の事務員は官僚になって
    いるのだろう.

    官僚が世の中を取り仕切るとどれ程
    国民が迷惑することになるかを
    良く見せてくれる.

    財政健全化における財務省官僚と類似点が
    多いことに気がつく. 第一に, 自分達の
    使命のみに忠実で全体を見ないことが
    「いわゆる」官僚の共通点だ.
    2014年11月07日 12:18
  • san

    随分時間が経過した後に突然著作権侵害云々とか不思議とも思える訴えですね。

    一説によると反日サヨク勢力等の団体や人々が自分達に都合の悪いと思ったネット上の言論を封じ込める為に活動をか活発化中だそうで成程と思えるような事案を見掛ける事が有ります。
    ネット上でも言論の自由はサヨクだけの特権に成らなければ良いが。
    テレビでは・・・・・・・皆さんが既にお知りの様な有様です
    2014年11月07日 17:57

この記事へのトラックバック