芸能人の正論と炎上

 
今日はただの感想エントリーです。

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

安保法案について、マスコミ界隈が喧しいですけれども、法案に対する芸能人の発言がやけに多いような気がします。

こちらとか、こちらとか、こちらとか、これまであまり芸能人が、其れ系の番組のゲストとして呼ばれてコメントする以外に、政治に関する発言や意思表示をする記憶がなかったように思います。

まぁ、昔と比べて、今は、ブログとかSNSとかツイッターとか個人が簡単に情報発信できるツールがありますから、その分、意見を言い易くなったという面はあるかもしれません。

勿論、芸能人とて、芸能人である前に日本国籍を持っている限り一国民ですから、思想信条の自由は保証されていますし、表現の自由も然りです。

ただ、そこで注意しないといけないと思うのは、芸能人といえども、特に有名な芸能人ともなれば、それなりに大きな影響力を持っているということです。

一流の芸能人は、世間一般からみれば、"スター"に相当するといっていいと思います。それだけ世間の注目を集める、或は、集められる存在だということですね。ゆえに、テレビ局は、視聴率を取れる芸能人をこぞって出演させ、企業もそれにスポンサードする。或は、もっと直接的に、企業CMに起用したりもしますよね。

つまり、芸能人は、企業広告の一翼を担っている面があるということです。

企業広告の一翼を担うということは、企業イメージに対する責任をも負うということです。よく不祥事を起こした芸能人が、出演CMを降ろされるなんてのは、企業イメージを損なう恐れがあると思われるからですね。

要するに、芸能人は、有名になればなるほど、公人に近づいていくということです。

従って、名の知られた芸能人であるならば、その発言は"公人"として見做されることがあることを自覚した上でのものでなくてはならないと思うんですね。

芸能人は、読んで字の如く、芸について何某かの才能を持つ人達です。歌が上手かったり、演技が凄かったり、お笑いの天才だったり、その種類は人によって様々ですけれども、何もなくて、有名になることは、普通は考えられませんからね。

けれども、そういった、「芸に才能がある人」が須らく、「政治についての才能」または「政治についての見識」があるとは限りません。勿論、「そのまんま東」こと、東国原英夫氏のように、芸能人から政治家に転身して、知事を務めることができた人もいます。ただ東国原氏の場合は、元々政治に興味を持っていて、早稲田の政経に学士入学するなど、政治の勉強をしていましたからね。彼がそれなりの見識を持っていたからこそ、大過なく知事を務めることができたと思いますね。

ですから、こういう言い方は失礼にあたるかと思いますけれども、芸能人は、自身の政治的見識が不十分なまま、芸能人の名前で安易に発言すると、それが公人の発言と見做され、世間をミスリードする恐れがある、ということをよく自覚した上で発言すべきだと思いますね。

時々、芸能人の政治に関するツイートが炎上したりすることがありますけれども、あれも、見方を変えれば、世間をミスリードするかもしれないことに対する反作用として「炎上」があり、それによって本当にミスリードすることを未然に防いでいる面もあるのではないかと思うんですね。

因みに東国原氏は安保法制については、5月の閣議決定の際に「戦後の安全保障政策の大転換である。日本を取り巻く安全保障環境は激変している。何れも、時代と米国、国際社会の要請であろう。日米同盟強化・国際貢献・抑止力等の観点から、概ね賛成の立場である。今後、国会審議、国会論戦を通してより具体的な説明と開示が求められよう。首相は『米国の戦争に巻き込まれる事は無い』と言うが、何故『巻き込まれる可能性はゼロでは無い。少なくとも紛争当事国になる可能性はある。しかし、それが集団的自衛権であり積極的平和主義による国際貢献だ』とはっきり言わないのだろうか。平和とか安全とかこれ見よがしに繰り返し強調されると何か眉唾臭い。集団的自衛権がこれまで『国際法上の権利は有するが行使はしない』といった国際的には矛盾この上ない解釈と同じ事を繰り返しているような気がする」と、法案自体には賛成だけれども、説明に誤魔化しがあるのではないかと指摘しています。

まぁ、冷静なコメントだと思いますけれども、東国原氏のツイートが炎上したなどという報道は寡聞にして知りません。要するに、それなりの見識を持った上での意見であれば、無論、批判はあるでしょうけれども、炎上までは早々いかないように思いますね。もっとも東国原氏の場合は、もはや芸人枠としては思われていないかもしれませんけれども…。

ともあれ、有名人のツイートだからどうこうではなくて、しっかりした見識ある意見なのかどうかをきちんと見るべきだと思いますね。

この記事へのコメント

  • 白なまず

    どんなに不見識な意見でも共感する人が居るのが問題で、不見識を無くす努力を続けている勉強熱心な普通の国民にたいしてやる気を無くす程に低レベルな私見を大声で言われると、この国の教育が、、、教養が、、、将来が、、、不安。お先真っ暗に成ってしまいます。また、その逆に素晴らしい見識と教養で明るい将来の姿を語るリーダー的な存在は何故か声が小さい。そして、不認識者は声の大きい方が正しいと感じている様に思えます。良く考えれば何方がより良い将来を作れるのか、その過程で危険な状況があろうとも、ブレずに進めば危険な崖でも安全に通れるはずなのに、ビビって進めない。つまり勇気が無いのを隠すために、進めない理由を見つけてしがみつく。その理由がどんなにアホな理由でも良い。自分が安全ならば、、、この様な人には選挙権を与えるべきでは無いのかもしれません。何も決めたくなし、先へ進み世の中をより良くする勇気が持てないのでしょう。人間には永遠に民主主義で上手く政治を行えないのかもしれません。

    ここからはオカルト話ですが、なんと、天使の世界でも民主主義では機能していないようなのです。階級があり、上位の天使の意見が正しいとされ実行される。つまり王政や元老院の様な一部のエリート層による正しい情報、認識、判断を少人数(7人の大天使)が全てを決定する。それが一番正しく、早く、確実に機能するようです。詳細は書籍「超巨大『宇宙文明』の真相」にあります。実は、この本、宮崎駿氏も読んでいると観ています。ラピュタの透明なドームの建物はこの書籍からヒントを得てアニメに取り入れたはずです。大天使の一人TAOは地球上の全ての宗教とリンクしています。勿論ひふみ神示とも。
    2015年08月12日 10:38
  • ちび・むぎ・みみ・はな

    有名になるほど公人に近付くというのは違う.
    公の仕事をするのが公人であり, 有名無名とは関係ないからだ.
    芸能人は芸を売るのであるから, あくまで商売人であり,
    態度振舞いに気をつけるのは商売のためである.

    芸を売る(最近は何を売っているのか分からんが)芸人を
    あたかも何かを代表するかのように扱うのはメディアの堕落.
    そして堕落したメディアを通して有名人を使ったプロパガンダを
    するのが共産主義や漸化的社会主義である.

    朝鮮の反日主義者の譜系も似たことをするが, 突き詰めて考えれば,
    熟成した文化を持たない民が北側の工作に操られた結果に過ぎない.
    2015年08月12日 12:56
  • 白なまず

    お題とは関係ありませんが、

    【人権】成人同士の合意による売春は「合法」 国際人権NGO・アムネスティが決議[転載禁止]
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1439365265/-100

    なる物が、、、これで、売春が現代でも合法だと国際的に認められれば、言わいる慰安婦が強制ではなく、自ら進んで行っている行為は除外されるので、現在の韓国人売春婦はお咎め無し。あとは親族に売り飛ばされた慰安婦は強制的であったので、やっぱり問題視するとなりますが、強制した親族や売春娼妓屋が問われる問題になればいいですが、それを使った軍人は人権違反とか言いそう。
    2015年08月12日 19:47

この記事へのトラックバック