韓国のホワイト国除外に向けて先手を打っていく日本

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!


1.訪日韓国議員団

7月31日、韓日議員連盟の姜昌一会長や徐清源前会長ら、韓国超党派の議員団が日本を訪れ、東京都内で日韓議員連盟会長を務める自民党の額賀元財務大臣らと会談しました。

この中で韓国側は、日本政府が手続きを進めている、輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する措置について、「不当だ」として踏み切らないよう求めたのに対し額賀氏は、「核開発やテロの脅威がある中、貿易をきちんと管理しなければならない。日韓の当局間で緊密な連携が取れていないところがあり、透明性を持って意見交換できるようにしたい」と説明しました。

額賀氏は更に元徴用工判決問題について、「日本国民も政府も完全かつ最終的に解決済みだという認識だ」と適切な対応を求めたところ、韓国側は、「韓国の国会として何らかの解決策を講じようとしている」と国会で対応の検討を始める考えを示しました。

まぁ、お互いの立場を述べただけで、特に実りある会談だったとはいえません。

韓国訪日団の徐清源団長らは同じ31日、公明党の山口代表と公明党本部で会談したのですけれども、山口代表から「韓国で政権が代わることによって政府間の約束が守られなくなることに、日本国民の多くが失望感を持っている」と批判され「ボールは韓国の大統領府にある」と突き放されています。

韓国側はここでも、ホワイト国からの除外措置を日本政府が取らないよう、公明党に働きかけを求めたそうです。

また、姜昌一・韓日議員連盟会長は、訪日前「韓日間の問題がこのままだと共倒れになる。外交交渉をしようと強く呼び掛ける」とラジオ番組で説明したそうですけれども、日本の措置を「不当だ」とか「除外するな」とか「外交交渉しよう」と叫ぶ前にどうして、管理を厳格化するという一言すら言えないのでしょう。

お話になりません。

まぁ、訪日団は、ホワイト国除外措置は8月15日以降にしてくれと懇願したそうですから、ホワイト国除外は規定路線だと考えているということですし、まともな管理をする積りもないということです。もちろんそんな時間稼ぎに付き合う必要はありません。




2.100%ホワイト国除外に向かう

韓国をホワイト国から除外する政府方針は、今のところ変わっていません。

7月31日、自民党の甘利明選対委員長はBS番組で、「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を8月2日にも閣議決定する方針について「100%向かう……ホワイト国というのは特別扱い国で、アジアでは韓国だけに与えられている……特別扱い国から普通の国に戻すだけの話だ。金融措置でも何でもない」と強調。

更に、韓国で起きている日本製品の不買運動が及ぼす影響については「ない。必ず韓国企業に跳ね返る。静観していればいい」と意に介していません。姜昌一・韓日議員連盟会長が指摘するような共倒れになるとは見ていないということです。

また、同じく31日、世耕経産相も「ホワイト国」からの韓国除外について「引き続き粛々と手続きを進めていく」と述べ、今回の対応は安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しだと重ねて指摘し「関係各国にもしっかりと説明してきている」と問題ないという認識を示しています。

昨日は、アメリカが日韓を仲介して、一時休戦の提案をするなどというロイター報道が一部を賑わせましたけれども、アメリカのポンペオ国務長官が長官はバンコクに向かう機中で、記者団に対し「両国ともアメリカの偉大なパートナーだ。北朝鮮の非核化に向けたアメリカの取り組みにおいて、われわれと緊密に協力している。双方にとって望ましい状況を見つける手助けができれば、それが米国にとって重要と考える」と述べています。

わざわざ非核化の取り組みにおいて日米韓は緊密に協力しているという言い方は、裏を返せば非核化以外は重要視していないという意味にもとれます。従って、昨日のエントリー「韓国の片道ワントラック外交とアメリカの仲介提案」で述べた通り、万が一、仲介案があったとしても、GSOMIAとか非核化に絡めたものになると思いますね。

尤も日本側はすでに、アメリカの仲介案があっても受け入れない意向を示していますし、ポンペオ国務長官も北朝鮮の非核化しか言っていません。8月2日の閣議が午前に行われ、日米間の3ヶ国会談が午後に設定されている時点で、ほぼほぼ、韓国のホワイト国除外は確定とみてよいかと思います。噂になったロイター報道も、フェイクだったで終わりそうですね。




3.先手を打っていた日本

また、8月1日に行われた日韓外相会談も予定通りに物別れに終わりました。

会談での厳しい雰囲気はすでにメディア等で伝えられていますけれども、外務省のホームページでも、会談について公表されています。公表された文章はたった数行のあっさりしたもの。これだけで、平行線だったのだなと分かります。

ただ、外務省の公開情報では日本が、旧朝鮮半島出身労働者問題(元徴用工問題)について、「韓国側の責任で、韓国側による国際法違反の状態を是正するよう強く求めた」とあるのですけれども、韓国が喚き散らしている、ホワイト国除外撤回について一言もありません。

報道では、康京和外相がホワイト国除外撤回を要請し、河野外相が安全保障上の措置だと答えたと報じられていますけれども、たとえ、一致することはなくても、韓国側が議題として持ち出したのなら、ホワイト国除外撤回を求めたとかの一文があってもよさそうなものです。

それがないということは、外務省が意図して議事に挙げなかったということになります。それくらい外務省が頭に来ているということなのかもしれません。

康京和外相は日韓外相会談後、「日本側がホワイトリスト除外に関して何ら確答をしていない……明日の日本の閣議で、"韓国をホワイトリストから除外"という決定になるのであれば、我々としても必要な対応措置を講じざるを得ない……日本の輸出規制措置が安全保障上の理由で行われた。われわれもさまざまな安全保障の枠組みを検討せざるを得ないと伝えた」と述べ、強硬対応を崩していません。

となると、GSOMIA破棄が焦点に上がるのですけれども、仮に明日午前にホワイト国削除の閣議決定がされた場合、午後に行われる日米韓の3ヶ国外相会談で、GSOMIAの破棄をアメリカの前で言うことができるのか。

リスカするリスカする、と突っ張っていた韓国は、本当にリスカ出来るのか。

日本はロイター"フェイク"仲介ニュースに対し、たとえアメリカから仲介されてもホワイト国除外延期はしないと先に宣言し、日韓請求権協定の文面も事前に公表。更に日米韓の3ヶ国外相会談を閣議の後に設定した。先手先手を取っています。

全ては明日にならないと分からないですけれども、ホワイト国除外についての大勢は決したのではないかと思いますね。

この記事へのコメント

  • 低い城の男

    >ひk

     操作ミスでご迷惑をおかけしました。 お手数かけますが、削除できるようなら削除していただけると助かります。

     さて、ホワイト除外ですが、先行した超高純度フッ化水素、極紫外線感光材、フッ化ポリイミドが個別許可だったのに比べると、包括的な許可が与えられるのではないか、という観測もあるようです。
     フッ化水素については、ウラン同位体濃縮や毒ガスにも使われることから、大量破壊兵器規制という見方もあるようですが、これらの用途なら低純度で足りることから、狙いは別のところにありそうです。
     これからの戦争では、AIドローンが主役になると言われていますが、小さければ小さいほど、高速であれば高速であるほど有利になることは確かでしょう。 そのためには、半導体もより微細な加工がされたものが必要になりますが、そのために必要不可欠なのが超高純度フッ化水素であり極紫外線感光材だそうです。
     フッ化ポリイミドはエンジンの高熱部分に使われることもあるそうで、高速飛行が可能な高性能エンジンには必要とされる資材なのかもしれません。
     とすると、韓国への意趣返しということもさることながら、韓国経由で中国にこれらの未来戦を決する戦略物資が横流しされるのを防ぎたい、という意向が働いたのかもしれません。
     アメリカの国務省筋は日韓両政府に仲介のポーズを取ったようですが、同じアメリカでもより安全保障の深いところからは、むしろ日本に管理強化を求める要請があったのかもしれません。
     いいかえると、米中冷戦の代理戦争という側面があったのかもしれません。
     憶測ばかりですいません。
    2019年08月02日 13:02
  • 日比野

    低い城の男さん、おはようございます。
    コメントありがとうございます。

    >手数かけますが、削除できるようなら削除していただけると助かります。

    操作ミス分について削除させていただきました。

    ホワイト除外の裏に米中冷戦の代理戦争があるのではないかということですけれども、私も大体同じように考えています。

    7/4のエントリー「安倍とトランプの連携プレーと三重の戦略」
    5/29のエントリー「ファーウェイが力尽きる日」

    あたりで取り上げています。御参考まで。
    2019年08月03日 08:53

この記事へのトラックバック