従軍慰安婦と赦しの力 補追


メモ代わりで申しわけありません。

以前、「従軍慰安婦と赦しの力」をエントリーしましたが、

やじざむらい的日々雑感様の7/15のエントリーのコメントで、暇人様が、同じ意見でいらっしゃいました。

そのときにいろいろと意見交換させていただいて、非常に勉強になりました。

埋もれさせてしまうのも勿体ないので、抜粋整理・転機させていただきたいと思います。

やじざむらい様へ。 勝手ながら転載させていただきます。ご都合が悪いようでしたら、ご連絡ください。

画像


---暇人さんのコメント---

 雪齋殿やかんべえ殿の所にもありましたが、この決議案は筋金入り人権至上主義派といって良い議員達が提出しているそうです。拉致問題で味方につけるべき連中でもあると。他にもいろんな人権に反した行為をする国の非難決議も一緒に出しているそうで。

 一応、文脈も気をつけているらしく、現在の日本とは関わりがないという風にしているとか。
ま、それでも眉をひそめますね。この際ですから河野談話撤回のみならず、民間人を多数犠牲にした戦略爆撃の非人道性に対する謝罪をアメリカに要求する決議を衆議院で成立させたらどうでしょうか?

 それが無理でも慰安婦決議案に対する抗議として大々的な戦略爆撃に対する謝罪要求広告をアメリカで出すてがあります。

嫌がらせとして「文明人は赦すことを知っている」これは人権派に対する皮肉です。

後は、イエスの言葉から

「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい」
 という言葉をつけて。東京大空襲で子供が犠牲になった写真を大々的に載せた上で

「この子供はB29が落とした焼夷弾で死んだ。どこの国にもいる普通の子供だ。ただ、民間人も虐殺することになるアメリカが行った戦略爆撃の対象地にいただけの子供だ。人道に対する罪を叫ぶアメリカ人は何故、無辜の子供を殺したアメリカ人を裁かないのか? アメリカ人は人道に反しても良いという権利を神から賜ったとでも言うのか? 」

 人権至上主義の連中もキリスト教徒の国アメリカのアイデンティティから逃れられません。

 「アメリカ人には一点の罪の曇りもないといえるなら、あなたは傲慢の罪を犯している。あなたの魂はベリアルのもとにあるだろう。内なる罪を認めぬものは神の下にいることはできない。罪なき者がいないからこそ、イエスは赦しを説かれたのだ」

 一応、キリスト教徒の日本の国会議員が出す形式にした方が良いでしょう。その議員さんが敬虔なキリスト教徒ならなお良し。後、日本のキリスト教会も巻き込めればなお良し。プロテスタントならもっと良い。

 異教徒の戯言と無視できないようにね。それを全米の新聞に大々的に流す。Youtubeに動画を流すのも良いですね。英国と並ぶ同盟国からこういうきついのが来たら少しは考えるでしょう。逆ギレしたら本当に味方はいなくなりますしね。売国サヨクが何故この手を使わないのか不思議です。

 ああいう国以外実力から見て同盟組める文明的な相手がいないという日本の不幸を感じてしまいました。


2007/07/15(日) 12:26:46 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]


---日比野のコメント---

暇人さんへ。
>「文明人は赦すことを知っている」これは人権派に対する皮肉です。

 まったく同感です。私も「赦す」と宣言せよという意見を拙ブログで述べましたが、あまり反応がありません。どちらかといえば、否定的意見が多かったようです。

>一応、キリスト教徒の日本の国会議員が出す形式にした方が良いでしょう。

 これについては、私は異教徒である日本人が宣言することで、異教徒である日本人が本家を超えてイエスの教えを実践していることを世界に示すほうがよりインパクトがあると思っているのですが、やはり戯言にされてしまうのでしょうか?

 であれば、イエスは自分達だけの神であって、異教徒は一切救わない偏狭な神であることを自ら証明することになります。だから異教徒は絶滅させても良いという発想になるのでしょうが。

 それでも、異教徒でもイエスの教えは正しいのだということを示せば、異教徒に対する攻撃も正当性を失う。さらには、人種差別に対する正当性を失うことになります。

 この「赦す」という言葉は、消極的なものでは決してなく、非常に力強い、積極的な反撃の言葉と思います。

2007/07/15(日) 21:46:18 | URL | 日比野 #-[ 編集]


---暇人さんのコメント---

>これについては、私は異教徒である日本人が宣言することで、異教徒である日本人が本家を超えてイエスの教えを実践していることを世界に示すほうがよりインパクトがあると思っているのですが、やはり戯言にされてしまうのでしょうか?

 確実に戯言にされます。宗教の基本は同じ宗教の信徒だけが特別だという根拠の無い優越感を与えることです。日本のキリスト教徒からならまずこれを無視できる。後に残る否定する根拠とはアメリカ人じゃないから、あるいは日本人が言うことだからです。これも一緒に指摘することで逃げ道を封じておけば良い。

 キリスト教カルト国家と言うべき側面があるアメリカですが、表だってそんな事言えません。

 自分らでそれを言えない時代にしてしまいましたからね。

 否定すればアメリカ人は自分らで築いてきた精神的優位と思っているものを自ら否定する事になります。

 ミッキーよりポケモンが好きな世代が主流となれば良い方向に変わるかもしれませんけど。それを待つ時間が無いのではないか? 最近はそう思えてなりません。

2007/07/16(月) 10:54:26 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]


---日比野のコメント---

暇人様へ、
お返事ありがとうございます。

そうですか、戯言ですか。戯言にすれば、即、異教徒に対する非寛容を自ら証明することになる。
自分らで築いてきた精神的優位という考え自身が傲慢を生み、その行動に対してブローバックされていることに気づかない以上はどうしようもない。

大きくいえば、アメリカの覇権は終わりを迎えつつある、ポケモンの世代までは持たないでしょう。私もそう思います。

ポケモン(=モンスター、異教徒)が友人であり、助けてくれる存在・・日本はロボットですら人間を助ける存在にしましたが・・こういう世界観を持てるのは、今のところ日本だけでしょう。これから世界をリードする価値観と思います。

重要な同盟国との関係と対米感情を悪化させないようにする事が必要と理解しているかどうかは、本会議でどうなるかと考えています。こちらでも可決するようであれば、本格的に離れる準備をしたほうがいいでしょう。

首相が小泉さんであったなら、こんな法案通さなかったでしょうね。



---暇人さんのコメント---

>イエスは自分達だけの神であって、異教徒は一切救わない偏狭な神であることを自ら証明することになります。だから異教徒は絶滅させても良いという発想になるのでしょうが。

日比野殿

 あまり言いたくないですが、宗教の基本は信じている者だけは特別扱いされますという根拠のない優越感を信者に与える事です。

 それが社会を形成する基礎になっている国がアメリカです。キリスト教徒の選民思想と国民国家システムの混合物です。

 ベクトルが若干異なりますが、本質では特定アジアと共通点が多いと私は見ています。平たく言うとアイデンティティの根拠が自分自身に依拠しない社会。日本を悪くいって己を持ち上げる事に頼り、今となっては阿Qが見たら

「俺だってここまで惨めったらしい事はやらねえぞ」

と言うような社会になりましたし。

 己が他者より高みにあるという妄想の維持に、我が国よりエネルギーを注いでいるのがアメリカです。宗教同士の争いの原因は、自己の妄想を否定する他者が恐いからでしょう。先進国の文明人としての面の皮があるからできませんけどね

 同様の理由で「赦し」で攻められたら、面の皮が破れて地金が出てしまうでしょうね。で、地金が再び出始めたのが現在なのでしょう。

 一度赦しで攻めてみてアメリカが面の皮を取り繕う力が残っているか? それを確かめた方が良いのかもしれません。

2007/07/16(月) 02:47:38 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで。

 人気blogランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック