《お知らせ》 Japan Blog Award 2008 【参加体験記】

《お知らせ》 Japan Blog Award 2008 ジャーナリズムカテゴリー最終選考にノミネートされました。投票はこちらから


先々週から当日比野庵のブログ紹介スペースに、「ジャパン ブログ アワード 2008」のブログパーツが貼り付けられていることにお気づきの方もいらっしゃるかと思います。

ものは試しでエントリーしてみたところ、なんと3次審査まで通過(3/5の最終審査にノミネート)してしまいました。(びっくり!)

当ブログに来てくださる方々のお陰様をもちまして、ここまで来させていただきましたことを深く感謝申し上げます。

そこで今日は、これまでの参加体験を振り返ってみたいと思います。(もちろん次のエントリー記事までの時間稼ぎですとも、ええ。^^;)


画像




● ジャパンブログアワード2008とは

公式WEBはこちら
画像



* VISION

~公正かつ適正な個人ブログの普及と促進~

本アワードは日々、自らが体験していることをお金のやり取りなどではなくピュアに、力強く、個性ある内容でブログを書き続けている人を表彰する場を設けたい、この想いから有志で立ち上げたものです。

複数のブログプロバイダ、ブログランキングサイト、メディア企業からの協力及び、幅広い審査員の皆様からも審査協力を頂いております。

本アワードの想いに共感いただき、ご協力いただけたことを大変嬉しく思っております。

実行委員だけでなく、ご協力いただく皆様、エントリーいただくブロガーの皆様、投票いただくブログ閲覧者の皆様とともに、日本におけるブログ文化を更に盛り上げ、日本からブログ文化を発信していきたい、そう願っております。

実行委員会一同


* 本アワードの狙い

一般的に、日本のブログは、専門家によるジャーナリズム型が中心のアメリカのブログと比較して、日々の生活の記録や、情報の備忘録であることが多いと言われています。

本アワードはそういった専門家やアクセス数の多いブロガーだけなく純粋な気持ちでブログを書いている人達を応援し、表彰したいと思い開催いたしました。

7つのカテゴリーを設置し、幅広く日々の生活の記録や、情報の備忘録を書いているブロガーに参加してもらい、日本ならではのブログ文化を盛り上げていきたいと思っています。




「単にアクセス数だけの基準にするのではなくて、自分の意見や日常をブログで積極的に発信する人を増やし、日本の個人ブログを活性化させることを目指して設立した」アワードとのことです。まだまだマイナーブログである日比野庵にとっては実にありがたいアワードです。^^;

ということで、恥ずかしもなくエントリーを思い立ちました。

画像



● 審査スケジュールと選考基準

こちらに詳しく載っていましたので、引用・抜粋します。

* 審査スケジュール
(1)エントリー(期間:1月31日~2月18日)
「ジャパン ブログ アワード 2008」(http://www.japanblogaward.com/)の公式ウェブサイト内、応募フォームから。


(2)一次選考(結果発表:2月14日)
わいせつブログ、公序良俗に反するブログなどがはねられる。通過者には2月14日に「一次通過のお知らせ」がメールで届く。

(3)二次選考(結果発表:2月19日)
ブログの内容を実行委事務局が選考。通過者には2月19日に「二次通過のお知らせ」と、エントリーシート記入のお願いがメールで届く。


(4)三次選考(結果発表:2月25日)
エントリーシートの内容とブログの内容で事務局が選考。通過者には2月25日に「最終選考のお知らせ」が届く。

(5)最終選考(結果発表:3月5日)
・一般投票(期間:2月27日~3月2日)・・・ウェブサイト上で、一般投票を受け付ける。


* 審査基準

(1)全体の評価
読者登録数、被リンク数、ページビュー、ユニークユーザー数

※「内容がいいブログであれば、いずれの項目もある程度の数には達している」との考えのもと、一定のボーダーさえクリアしていれば、それ以上の数値の大小は評価に影響しない。

(2)コンテンツの評価
ブログの内容で、表現力、伝える力などみる

(3)ブログに対する思いの評価
エントリーシートの記入内容で評価する

評価の内訳は、審査員の評価5割、一般投票の結果5割。それぞれの評価を数値化し、各部門で合計ポイントの高いブログがグランプリとなる。さらに、各グランプリの中で最もポイントが高かったブログが総合グランプリとなる。



これまでのアワードはどちらかといえば、アクセス数やコメント数といった実績と読者投票を加点していく総合判定方式だったのに対して、今回のJapan Blog Award は審査基準(1)で見られるように、一定のボーダーさえクリアすればOKという基準は良いと思いました。

どんなに面白いブログでも、開設して間もないばかりにリンク数やユニークユーザー数が少なくて選考から漏れることをある程度は回避できているのではないかと思います。ただ、ボーダーラインを何処にするかは難しいところではあります。


もうひとつの特徴は、ブログ運営企業横断的なアワードということで、従来のものより規模が大きくなるということでしょうか。国内最大級のブログアワードとも紹介されています。


さらに選考基準の(3)ですが、これも面白い試みかと思います。従来のアワードにはあまり見られなかった選考基準かと思います。

画像



● Japan Blog Award 2008  《一次選考》


日比野庵はおおきく二つのブログを運営させていただいています。

ひとつは、ここ「日比野庵 本館」。もうひとつは、シリーズエントリーなどを纏めて一本にしてからエントリーする「日比野庵 離れ」です。

日比野庵 本館」は 2/12に、「日比野庵 離れ」は2/16にエントリーしました。ええ、臆面もなく自薦で。^^;

当初のスケジュールでは、応募期間は2/11までだったらしいのですが、応募があまりに多いこともあり、2/18迄応募期間を延長した経緯があったようです。

なんでも、1/31の受け付け開始以降、応募数は2600人を突破したとのことで、公式WEBによれば、最終的には約3400人にものぼったとのこと。

こちらの一次審査基準をみますと、

わいせつブログ、公序良俗に反するブログなどがはねられる。通過者には2月14日に「一次通過のお知らせ」がメールで届く。』

ということで、これも公式WEB上の発表では、約3,400名中2,903名が通過されています。

で、実際にどういう風に選考しているかを、普段みないアクセス解析を覗いたところ、「日比野庵本館」、「日比野庵離れ」ともに一秒間だけそれらしきアクセスがありました。 

何千もの応募があるなか、短い日程で審査しないといけませんので、たった一秒とはいえ、当然ではありましょう。まさにぱっと見で怪しげなものを撥ねるという感じです。

一次審査については、「日比野庵本館」、「日比野庵離れ」とも2/16に恙無く、審査通過のメールを受け取りました。


【JapanBlogAward2008】 第一次選考の結果のお知らせ

このたびは、JapanBlogAward2008にエントリー頂きまして、
誠にありがとうございました。

あなたのブログを楽しく拝見させて頂きました。
本日は、第一次選考の結果、見事に通過致しましたので
ご連絡差し上げました!!
このご連絡から順に、先日ブログに貼っていただきましたパーツ・画像も
公開されていきますので、お楽しみ下さい。
(メール到着後、3営業日以内に公開されなければ、お手数ですが
メールにてご連絡いただければと思います。)

なお第二次選考の結果のお知らせは2/19(火)以降とさせて頂きます。
こちらも順次メールにてご連絡いたします。第二次審査を通過された方には
エントリーシートにご記入いただく予定になっておりますので、その際は
よろしくお願いいたします。

皆様とJapanBlogAward2008を盛り上げていければと思っておりますので、
引き続きよろしくお願いいたします。



画像



● Japan Blog Award 2008 《二次選考》

二次審査は、ブログの内容を実行委事務局が選考です。この時点ではエントリーシートの記入はありません(記入は二次選考通過者が対象)から、選考基準は

(1)全体の評価:読者登録数、被リンク数、ページビュー、ユニークユーザー数

(2)コンテンツの評価:ブログの内容で、表現力、伝える力などみる



が中心であった筈です。

通過者には2月19日に「二次通過のお知らせ」と、エントリーシート記入のお願いがメールで届くとなっていましたが、

日比野庵本館」については、2/20に二次選考通過通知のメールをめでたく受け取りました。

日比野庵離れ」は連絡なし。2次選考で落選です。


選考基準(1)の被リンク数、ページビュー、ユニークユーザー数でみると「日比野庵本館」が「日比野庵離れ」より圧倒的に多いので、「日比野庵離れ」はおそらく選考基準(1)で既にアウトだったのかもしれません。

といっても、無事2次審査を通過した「日比野庵本館」でも一日平均のPV数は100~150程度、ユニークユーザー数は50~70程度ですので、これくらいでも通過する基準ではあったということです。因みに「日比野庵離れ」のユニークユーザアクセスは本館の十分の一もありません。


二次選考通過通知のメールはこちら(※一部伏字にしています)


【JapanBlogAward2008】 第2次選考の結果のお知らせ

このたびは、JapanBlogAward2008にエントリー頂きまして、
誠にありがとうございました。

あなたのブログを楽しく拝見させて頂きました。
本日は、第2次選考の結果、見事に通過致しましたので
ご連絡差し上げました!!

下記、URLよりエントリーシートをご記入いただけますでしょうか。
http://www.japanblogaward.com/index.php?***(※以下略)**************
※エントリーシートでは最終選考の招待状送付などを行うために
 個人情報をお伺いしております事を予めご了承ください。

なお、エントリーシートにご記入いただく内容は、第3次選考の選考の要素の一つとさせていただいておりますため、2/23(土)までにご記入下さいませ。

第3次選考の結果のお知らせは2/25(月)以降とさせて頂きます。
こちらも順次メールにてご連絡いたします。
なお第3次選考通過の方は、JapanBlogAward2008の本サイト上にて、
ご紹介させて頂きますのでよろしくお願いいたします。
また詳しい選考スケジュールは下記よりご確認下さい。
http://www.japanblogaward.com/schedule.html

皆様とJapanBlogAward2008を盛り上げていければと思っておりますので、
引き続きよろしくお願いいたします。


画像



メールを受け取ったときには、やはり嬉しかったです。二次選考の結果発表日(19日)からいろいろググっていたのですが、「一次通過しました!」というブログは沢山ヒットするのですが、「二次通過しました!」というのは殆どといっていいくらいヒットしなかったので、かなり厳しく選考して絞り込んでいるのかなぁ、と思っていましたから。


で、落ち着いてから、またアクセス解析を見てみました。(^^;


*日比野庵本館 アクセス解析
2/19 (火) 16:57:45 不明 http://kotobukibune.at.webry.info
2/19 (火) 16:58:09 24秒 http://kotobukibune.at.webry.info
2/19 (火) 20:14:04 03時間15分55秒 http://kotobukibune.at.webry.info

*日比野庵離れ アクセス解析
2/19 (火) 20:19:49 05分45秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com
2/19 (火) 20:19:50 01秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com
2/19 (火) 20:19:50 秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com
2/19 (火) 20:19:51 01秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com
2/19 (火) 20:33:18 13分27秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com
2/19 (火) 20:33:19 01秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com
2/19 (火) 20:33:19 秒 http://kotobukibune.blog105.fc2.com


アクセス解析をみると、「日比野庵本館」は2/19の16:57から20:14までの3時間半ほど選考していただいていたようです。それに対して落選した「日比野庵離れ」は20分弱。

一次通過者が2903名だそうですが、2次選考期間の2/19~2/22のわずか4日で選考するとなると、一日の実働10時間(残業含む)で、全部一人でみたと仮定したとして、1ブログあたり僅か50秒しか時間がありません。

実際は何人で選考していただいていたのかは分かりませんが、10人で選考しても8分強。100人で選考して漸く1時間半足らずです。

というわけで、最初私は「日比野庵本館」を3時間みたのに、「日比野庵離れ」は20分か、なんて思っていましたが、とんでもありませんでした。20分は物凄く妥当な選考時間かと思います。

となると、「日比野庵本館」の3時間半のアクセスは、異常に時間を使い過ぎています。おそらくは画面を開きっぱなしか何かにしていたのでしょう。


2次選考では、選考基準の(1)と(2)で選考するわけですから、ブログASPの協力を得ながら(1)のデータ、つまり読者登録数、被リンク数、ページビュー、ユニークユーザー数をチェックして、なおかつ、(2)の表現力、伝える力をみることになるわけです。

仮に事務局が30人くらいの人数で選考したとして、2次選考は毎日10時間ぶっ通しで1ブログを20分づつくらいで見て選考を行っていたという、地獄のような選考過程だったのだろうと推測されます。ご苦労様です。

場合によっては(1)の基準で足きりを行って、残ったものだけ(2)の審査をすることでブログの内容をみる時間をより確保する方法も考えられますが、もちろん部外者の私には預かり知らぬところです。

尤も「日比野庵離れ」は(1)の基準で足きりすれば真っ先に落ちるはずのサイトです。しかしながら、それを20分も見ていただいているということは、おそらく全部見ているのでしょう。

いずれにせよ、ブログアワードに参加するときは、ぱっと見の第一印象とか内容のわかり易さってとても大事だな、と痛感した次第です。

画像



● Japan Blog Award 2008  《三次選考》

二次選考通過後にエントリーシートを書くことになるのですが、これがまた悩みました。二次選考でのアクセス解析をみる限り、ブログ内容はしっかりと見られていることは容易に想像されました。とすると、三次選考では、エントリーシートもしっかり審査されるに違いありません。

2次選考通過通知のメールを受け取ったのが2/20、エントリーシートの記入が2/23まで。さすがにその日は記入できずに、じっくり考えることにしました。

中には2/22の夜遅くに2次選考通過のメールを受け取った方もいらっしゃるようです。さぞエントリーシートの記入は大変だったのではないでしょうか。


3次選考発表をひかえ、どきどきした週末を過ごしました。エントリーシート送信後、アクセス解析を見るのが日課になりました。(w

しかし、2次選考終了日の2/22から2/25まで、まったくアクセスされた形跡がありません。まさか・・・

いよいよ結果発表の25日。帰宅後早速メールを見ましたが、何の連絡もありません。がっくり。

もしかして、と一縷の望みを託した翌26日もやはりメールは届きませんでした。

ちーーーん。終了。あーあ。

翌27日朝にメールをDLしたら、、、なんと届いているではないですか、3次通過のメールが!!

時間は27日の午前0時41分。(翌日やがな・・)

選考作業がよっぽど難航したのでしょうか?それとも私だけでしょうか?もしかして滑り込みセーフ!?

【JapanBlogAward2008】 第3次選考の結果のお知らせ

このたびは、JapanBlogAward2008にエントリー頂きまして、
誠にありがとうございました。

あなたのブログ、エントリーシートを楽しく拝見させて頂きました。
本日は、第3次選考の結果、見事に通過致しましたので
ご連絡差し上げました!!

最終選考は、明日から始まる公開投票と審査員による投票で最終受賞者を決定させて頂きます。
最終的な受賞者の発表は3/5(水)の授賞式にて行います。

授賞式の詳細に関しましては後日、お送りいたしますので楽しみにお待ち下さい!

皆様とJapanBlogAward2008を盛り上げていければと思っておりますので、
引き続きよろしくお願いいたします。


画像


ということで、とってもどきどきした「ジャパンブログアワード2008 体験記」でした。


最終選考は一般投票です、よろしければ、ぜひ応援投票をしてやってくださいませ。m(__)m





画像

この記事へのコメント

  • mayo5

    投票しました。
    一日早ければ、会社からも一票投じられました・・残念。
    2015年08月10日 18:18
  • 江戸屋

    只今、応援投票をさせていただきました。
    結果が楽しみですね!
    2015年08月10日 18:18
  • 日比野

    >mayo5さん、こんばんは。投票ありがとうございます。ここまでくるだけで十分だと思っています。他の皆さんのブログをみて勉強します^^

    >ろしさん、こんばんは、投票ありがとうございます。確かに投票ボタンを押しても、元の画面にもどるので、少しわかりにくいかもしれませんね。

    >江戸屋さま、こんばんは、ご無沙汰しております。私も結果は期待しないで楽しみにしております^^
    2015年08月10日 18:18
  • ろし

    早速投票しました
    投票できたのかどうかがわかりにくい画面でした
    2015年08月10日 18:18

この記事へのトラックバック