ネガティブ・キャンペーンの本質

 
もし、このままマニフェストを修正しないで参院選を戦うとすると、民主党がアピールしようとしているポイントが浮かび上がってくる。

画像


それは、おそらくは「改革はまだ始まったばかり、自民党やその他野党では改革はできない。民主と主導の改革を進めるためにも、民主党への支持が必要だ」というものになると思われる。

何せ、民主党政権は、何一つ実績を上げてはいない。だから、政権担当能力で有権者の支持を集めることは無理筋であることは明らか。

国民はただでさえ、これまでの半年で友愛殿の無責任発言と、閣僚のばらばら具合を散々見せつけられているから、民主党に政権担当能力があると信じている人なんて極僅かしか残っていないと思われる。少なくとも何時まで野党気分でいるんだ、と厳しい目線を向けている。

だから、実績をアピールできない民主党に残された手は、改革してみせます、という姿勢だけ。あとは、強いて言えば、お得意のジミンガ―Zを連呼するくらいか。

逆に野党、特に自民党なんかは、政権担当能力をアピールすると同時に、民主党による改革や政策を進めることが、どれだけ国益を損なっているかを国民にしっかりと伝える必要がある。

それをネガティブ・キャンペーンだって嫌う人もいるだろうけれど、ジミンガ―Zを連呼することだってネガティブ・キャンペーンとなんら変わらない。



ネガティブ・キャンペーンというと、何やらマイナスイメージが付いてしまっているけれど、その本質は相手を貶めることではなくて、間違いを正し、悪をストップすることにある。たとえ、相手が善意でその政策を行っていたとしても、その結果、国民が不幸になるのなら、やっぱりその政策は間違いだということ。

もし、それが事前に分かっているのであれば、そうなると分かっている人、結論が見える人がその政策の拙さをきちんと指摘しなくちゃいけない。

日本は、いままで自民党政権による安定した政治が行われて、亡国の政治をすることがなかったからネガティブ・キャンペーンをする必要がなかっただけのこと。

日本は基本的に性善説が普及している国だから、意図的な悪に対して、非常に脆いところがある。悪いようにはしないだろうという漫然とした甘えがある。

悪をストップするという意味では、本来その役目はマスコミがしなくちゃいけないのだけれど、現状は御覧のとおり、全くその機能を果たしていない。

前回の衆院選で自民党が、民主党の政策に対する問題を指摘した動画を流して警告をしていたけれど、マスコミの一部はネガティブ・キャンペーンだといって叩いていた。だけど、政党にネガティブ・キャンペーンをさせてしまっている時点で、マスコミは自分の職務を放棄したと看做されたのだ、と反省しなくちゃいけない。



だから、マスコミは、民主党を擁護するにしても、批判するにしても、唯、いいとか悪いとかいうだけでなくて、どういいのか、又は、どれが悪いのかということをきちんと有権者に理解できるように説明できなくちゃ存在する価値がない。

件の自民党の民主党批判動画にしても、民主党政権になって、指摘したとおりの事が現実になっているにも関わらず、マスコミからその事について、なんのお詫びの言葉もない。

自分達があれほど、民主党だ、政権交代だ、と煽るだけ煽り立てておいて、その結果については頬かむりしている。自分達の言論より自民党のそれが正しかったという時点でマスコミとしては失格の烙印が押されているということを自覚しているかどうかは分からない。

だけど、それを何時までも放置しておいて安穏をしていられる程、世の中甘くない。旨いラーメン屋は繁盛しても、不味くてサービスも悪いラーメン屋は閑古鳥が鳴いてやがて潰れる。マスコミだって同じ。

インターネットが登場して、そちらの情報や言論に優れたものが増えている現状は、マスコミ業界にも漸くライバル店が現れたということ。

向かいに旨いラーメン屋がどんどん出来て、こちらが何の努力もしないでいると、市場原理によって、淘汰されるだけ。マスコミ各社が赤字に転落したのも、ある意味当然のことだと言える。



画像

画像 ←人気ブログランキングへ


画像ジミンガー

ジミンガーとは、鳩山政権で大活躍の戦隊ヒーローである。

概要
主に国会答弁中に現れる。

鋭い質疑に答えが出てこない時、
まともな答えが出来ない(出来るが、それをすると政権がピンチに陥ってしまう)時、
論点のすり替えやその場しのぎで繰り出される答弁を、
もっともらしく見せ、かつ責任を他になすりつけるために活躍する。
ニコニコ視聴者には効果的でないことが多い。

この戦隊を好んで使うのは、菅直人財務大臣である。
その他の閣僚も多かれ少なかれ、ジミンガーのお世話になっている。
時々、前原誠司国土交通大臣や岡田克也外務大臣が、キレ芸とともにジミンガーを駆使することがあり、
大きなインパクトを残すことがある。

なお、支持者あたりの有権者界隈においても、「ジミンガーごっこ」が流行っており社会問題と化している。

事実と大見得の責任を確認させるためにも世の大人はわかりやすく、丁寧な言葉で諭さなければならない。



鳩山政権は他にもたくさんの戦隊ヒーローを雇っている。

現政権に巣食う、謎の戦隊。(笑)
「ケンサツガー」と「チケンガー」と「ホウドウガー」
が合体すると「コクサクソウサダオー」になる。

「ママンガー」と「ヒショガー」と「ショウケンガー」
が合体すると「シラナイオー」になる。

「ジミンガー」と「カンリョウガー」と「ムダガー」
が合体すると「アナタニイワレタクナイオー」になる。

「ジョウセイガー」と「ミンイガー」と「ザイセイガー」
が合体すると「シカタナイオー」になる。

で、全部がスーパー合体すると
「ボクワルクナイオー」になる。

2ch 某スレより



「ジミンガー」という言葉が出てきた当初は、上記の引用にも見られるように、
確かに戦隊モノのニュアンスで使われていたのだが、
最近では「マジンガーZ」をモジったものと解釈される事の方が多く、
ロボットモノの派生型も多くなってきたようである。

URL:http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC



画像「ジミンガー」と言うたびに、大事な貯金を使い果たしていく民主党 2010-02-08 09:47:18

今、ネットではちょっとした「ジミンガー」祭りのようだ。

ジミンガー」とは 「自民が悪い」「自民のせいで」「自民もやっている」などと言って責任追及を逃れようとする政治家、または話をそらそうとする民主党支持者の総称。


この「ジミンガー」とやらが「民主党支持者」だけを指すのであれば、 何とか民主党に外国人参政権法案を通してほしがっている、帰化しない不思議な在日外国人たちも含めた「必死なネットサヨのみなさん」 とほぼ同義なのだろうが、「責任追及を逃れようとする政治家」まで入るのであれば話は全く別である。以下、その発言を久々に書き起こしてみる。

10.02.07 NHK 日曜討論での海江田万里議員(民主党 東京1区)の発言(9:22ごろ)

「いろんな意味でね、小沢さんは今回はずいぶん丁寧に説明しているんですよ。
今回の、この一件のことではね。
例えば、今、政治家が政治資金管理団体で不動産を買うのはおかしいって言うけど、おかしいことないんですよ。
これは政治資金報告を見れば、どういう不動産を持ってますかと。そういう政治資金団体もありますし、 誰とは言いませんけど、ここにいらっしゃる方の中で、実は政治資金団体で不動産を買って、持っていた方もいらっしゃるくらいにですね、確かに、12件という件数は多いですけど、不動産を持つこと自体がいけないということではないんです。」

(今回の日曜討論の参加者)
民主党政治改革推進本部事務局長   海江田 万里
自由民主党幹事長代理           茂木 敏充
公明党幹事長代理              高木 陽介
日本共産党政策副委員長         笠井 亮
社会民主党政策審議会長         阿部 知子
国民新党幹事長               自見 庄三郎
みんなの党幹事長              江田 憲司


国会議員が不動産を持とうとすることについての不思議な点は、少し前に小沢一郎 陸山会問題の六不思議 という記事にも書いたが、もう一度確認しておこう。

国会議員という仕事は、永続的なものではありえないのだから、どういう目的であろうが、不動産を買う必要性は全くない。秘書などのために宿舎が必要であれば、賃貸で十分なのだ。


突然の解散などで任期がどれだけ短くなるかわからない衆議院議員だけでなく、参議院議員でも任期は6年である。次の選挙に当選する保証などまったくないにも関わらず、「君たち野党の中にも政治資金団体が不動産を持っている議員がいるから、小沢一郎の政治資金団体が不動産を持っていてもおかしくない」という屁理屈を振りかざすことは、まさに、「ザ・ジミンガー」発動のいい見本である。


この「ジミンガー発動」によって、また民主党は、「民主党が自民党より『より正しい』」という「価値観的アドバンテージ、または価値観的貯金」とでも言うべきものを、切り崩すことになる。すなわち、

1 わが民主党は、あの汚らしい自民党や公明党と同じくらい汚らしくていいんだよと認めること。


2 政治資金で不動産まで買ってるのだから、「政治にはカネがかかる」という主張が全く成り立たなくなること。


→ 今民主党が行っている、「企業・団体献金を全面禁止する代わりに、国庫からの政党助成金(=税金)を増やしてほしい」という主張が全く成り立たなくなること。

この二点である。

ここで海江田万里がすべきだった発言は、


「(政治資金団体で不動産を所有している/所有していた議員を指し)あなたも不動産を持ってます/持ってましたよね。あなたも悪いですよね?」


であっただろうに。これなら、単なるジミンガー(開き直り)ではなく、「あなたも小沢一郎も両方悪い」という、極めて重要な指摘につながったであろうに。こういう発言ができてこそ、「民主党には、党としての自浄能力はないかも知れないが、少なくとも自浄意志はある」ということを、視聴者である国民に、大きくアピールできたであろうに。

しかし、海江田万里はなぜかそれができなかった。なぜだろう?

結局は、民主党議員としてのキャリアもそこそこ長い海江田万里レベルでさえも、小沢一郎幹事長を批判するような発言は口が裂けても行えなかった

と推測せざるを得ない。


このような、民主党議員の情けない体たらくを毎日のように見せつけられることで、昨年の選挙で民主党に投票した国民も含めて、

「ああ、民主党って、とにかく小沢一郎の独裁政党なんだ。」

と認識する人々は着実に増えていくだろうね。

ただ、世論調査などで鳩山内閣や、民主党の政党としての支持率が下落していても、「その下がった分の支持率が自民党には行かないしねえ」などと安心している民主党議員や民主党支持者が多いようだが、

自民は汚物、民主は正義

というイメージそのものが、小泉政権末期から昨年の衆議院選に至るまで、政権交代を達成するためにマスゴミが必死で国民に植え付けようとした「イメージ」に過ぎないのだから、シーソーがまた逆に傾き始めると、夏の参議院選の結果や、いつ次の解散が行われるかなどがわからなくなり、せっかくの政権交代が、政局の余計な混乱にしかつながらなくなるだろう。

違うというのなら、以下のコピペでも味わってくれ。

146 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/01/20(水) 18:14:28 ID:MaZB1l2U0

自民党信者よ、これだけは覚えておけ。
脱税や景気悪化や反米や媚中や小沢や天皇の政治利用で
民主の評価が下がっただけで、自民の評価が上がったわけじゃない。


・漢字の読み間違い
・カップラーメン
・ホッケの煮付け
・ボールペンのキャップ
・バー通い
・酒
・絆創膏
・給付金を貰うか貰わないかの迷走
・母親の命日に墓参りをして人気取り
・娘の誕生日にステーキをご馳走する
・口が曲がっている
・世襲議員


どれひとつとして、我ら国民は決して麻生政権を忘れていない。国民は、絶対に麻生を許さない。


この程度で「自民は汚物」と思わされていたのが、去年の衆議院選挙までの多くの国民の実情であろうよ(笑)。もちろん、このコピペは「ネタ」であろうがね。


いくら私が現時点において、自民を支持している人間の一人とは言え、建設的な政策論争なしに、ただ「政局」だけがぐちゃぐちゃしていくことは、国益と国民益を最も損なうことになるので、一番反対することでもある。政治とカネの問題も含めて、日本の将来を見据えた政策論争を心から望む。

--------------------------------------------------------------------------------

余談になるが、とにかく「いわゆる小泉・竹中改革」を叩きたがる頭の悪いネットサヨ諸君も、ネットでは少数派ながらも、しぶとくアジテーション(笑)を繰り返しているようだ。彼らによる銀行の不良債権処理により、金融機関に対する預金不安が解消され、多くの人々が安心して預金ができるようになったという大きな政策的成果をきれいさっぱり忘れるとは、彼らは実に頭が悪いものだなと思う。今後、そんな人に出会ったら、謹んで「コイズミガー・タケナカガー」と呼んであげよう。合体したら、さながら「コイズミタケナカバイコクガー」にでもなるのだろう。ここまで来ると、もうロボットの名前と言うより、自分にかかった洗脳が解けないようにするための呪文だね。カルトと同じだ。

URL:http://blog.goo.ne.jp/shirakawayofune001/e/918dc756249d445a1b51dbd3d3d6a485

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック