小沢氏の政倫審出席発言

  
「先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。」
小沢一郎 於:12/28 記者会見

画像


12月28日、小沢氏はこれまでの方針から一転して、衆院政治倫理審査会に出席する意向を明らかにした。本人の弁によれば、連合から強い要請があり、政治家として総合的に考えた結果だそうなのだけれど、出席の時期について、来年1月の通常国会で審議が円滑に進められないのなら、通常国会冒頭に、そうでないなら、予算通過後に出席する、と条件を付けた。

党執行部が政倫審への出席を「来年の通常国会前に」と言っていたのに対して、「通常国会冒頭」又は「予算通過後」という反撃に出た。

勿論、この条件は、マスコミ各社が指摘するように、党執行部への揺さぶり。より具体的に言えば、問責決議を受けた仙谷官房長官らの交代を迫るもの。

仮に、党執行部が、国会審議が進まないからと国会冒頭に出席するよう小沢氏に要請して、そうさせたとしても、その後、問責決議を理由に野党が審議拒否して、結果的に国会審議が進まなかったら、党執行部の国会運営能力、ひいては菅首相の指導力が問われることになるし、逆に国会審議が円滑に進むのであれば、小沢氏の政治と金の問題は国会審議を妨げる程の問題ではなかったことになる。

実際は、野党が問責決議を出している以上、この問題もクリアしなければ、国会審議はストップすることは目に見えている。

今回の政倫審出席表明の記者会見の前に小沢氏は、鳩山前首相と会談して、政倫審への出席への意向を伝えると共に、円滑な国会審議のためには仙谷氏らの交代が必要との認識で一致したという。

これは、単なる筆者の印象にしか過ぎないのだけれど、この半ば倒閣とも言える小沢氏の動きに鳩山氏も一枚噛んでいることは、後々大きな意味を持ってくるような予感がしている。まぁ、あの宇宙人殿のこと、状況次第でころっと変わるかもしれないけれど。



事実、自民党の石破政調会長は「一歩前進だが、証人喚問を取り下げることにはならない」と反発して、証人喚問を求める考えを示し、みんなの党や、たちあがれ日本も証人喚問を要求している。

自民、公明は小沢氏が政倫審に出席しても国会審議には応じない構えを見せ、審議復帰は仙谷氏らの辞任が条件になるとしているから、これに他の野党も同調すれば、国会審議はストップすることになる。

ただ、小沢氏の政倫審出席については、社民党と新党改革が「一歩前進」と評価しているから、国会審議を巡って、民主党は、この両党への切り崩しを計る可能性はあるのだけれど、自民党は更に、問責決議を受けた仙谷官房長官と馬淵国土交通相が職にとどまった場合、平成23年度の予算案審議の前に菅首相への問責決議案を参院に提出する検討を進めている。

つまり、現状は、審議ストップの材料が次々と積み上がっている状態で、予算通過へのハードルは高くなるばかり。

だから、仮に菅首相が年明けに内閣改造をしたとしても、仙石氏を閣僚に残すなどの小手先の改造では立ちいかなくなりつつある。

それに加えての、小沢氏の政倫審出席への条件。何やら、小沢氏と仙谷氏が刺し違える様相を呈してきたようにも見える。

今回の小沢氏の政倫審出席発言で、年内の小沢氏の離党云々は事実上無くなった。その代わり、党内抗争は一段と激しさを増し、世論の民主党に対する目は益々厳しくなることは確実。

当面は、小沢氏の政倫審出席時期を巡って党執行部と小沢氏の駆け引きが行われるのだろう。

年明けの通常国会は、1月末に召集され、150日間の会期で6月まで行われることになっているから、その間に来年度予算を通さないといけないし、4月には統一地方選が行われる。

民主党にとって、荊の道はまだまだ続く。




画像 ←人気ブログランキングへ


画像小沢氏、政倫審出席の意向を表明 2010年12月28日14時50分

 民主党の小沢一郎元代表は28日、自らの「政治とカネ」をめぐる問題で、衆院政治倫理審査会に出席し、説明する意向を明らかにした。国会内で記者団に明らかにした。

 小沢氏はこれまで、年明けに強制起訴される見通しであることなどを理由に、政倫審への出席を拒んでいた。小沢氏は「政倫審に出席しなければ、国会審議が開始されない場合、通常国会の冒頭にも出席し、説明したい」と語った。一方で、「私の政倫審出席が国会審議開始の主たる条件でないなら、(来年度)予算成立後、速やかに出席したい」とも語り、通常国会冒頭から予算案審議に円滑に入れるかどうかで、出席時期を判断する考えを示した。

URL:http://www.asahi.com/politics/update/1228/TKY201012280238.html



画像小沢氏の政倫審は公開されるのか 全面非公開は過去1例だけ 2010.12.28 23:28

 民主党の小沢一郎元代表が28日、衆院の政治倫理審査会(政倫審)への出席を表明した。政倫審は原則非公開だが、本人の意向により、過去には報道機関や議員に限り公開された例も多い。オープン化の流れが定着するなか、自らの“政治とカネ”の疑惑について小沢氏は審査を公開とするのか、非公開とするのか。

 小沢氏は記者会見で自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件について、政倫審へ出席する意向を示した。しかし、審査を公開するか否かについては触れなかった。

 小沢氏が幹事長だった今年5月には定例会見で「何もないからどっちでもいい」と、公開に応じる姿勢を示していたが、“一兵卒”での意向は不透明だ。

 政倫審は規定に「傍聴を許さない」とあり、原則非公開。しかし、規定には本人からの求めがあれば「これを尊重する」とあり、公開もできる。

衆院の政倫審では、本人が欠席し、流会した鳩山由紀夫前首相の例も含めれば、過去9人の議員が審査の対象となったが、規定に基づき全面的に「非公開」となったのは適用1号の加藤紘一自民党幹事長(当時)だけ。

 2例目の山崎拓自民党政調会長(同)からは、一部の国会議員の傍聴を認める流れが定着。4例目の田中真紀子元外相の際にテレビ中継も含め報道機関の傍聴が初めて認められてからは公開が相次いだ。欠席した鳩山前首相の例も含めれば、これまでの9件のうち5件で報道陣の傍聴が認められている。

 政治とカネに詳しい岩井奉信(ともあき)日大法学部教授は「政倫審は弁明と釈明の機会であり、小沢氏に有利な舞台まわしだ。非公開の理由はなく、全面公開して有権者に判断を委ねるべきではないか」としている。

URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101228/plc1012282329028-n1.htm



画像小沢氏「国会円滑化」条件、首相が反発 2010.12.28 22:49

 民主党の小沢一郎元代表は28日午後、衆院第1議員会館で記者会見し、自らの「政治とカネ」の問題をめぐり衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を表明した。ただ、出席時期は来年1月召集の「通常国会冒頭」とし、「国会の審議が円滑に進められるなら」と条件をつけた。参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官らの交代を暗に求めたものだ。これに対し、菅直人首相は同日、岡田克也幹事長らと会談し、あくまで通常国会前の出席を求めることを確認した。小沢氏をめぐる民主党の抗争はなお続きそうだ。

 小沢氏は「司法の場で真実を明らかにする」と、首相からの政倫審出席要請を拒否してきた。会見で、方針転換した理由について「連合から挙党一致で難局を乗り越えるよう強い要請があった。国民に多大なご心配とご迷惑をかけている。政治家として総合的に考えた」と説明した。

 出席の時期については通常国会冒頭とともに、「政倫審に出席するかどうかが国会審議を開始するための主たる条件でないなら、平成23年度予算案の成立後、速やかに出席したい」とも述べ、直ちに政倫審への出席に応じるわけではないとの考えも示した。

 首相は28日夜、記者団に「自ら出席を決意したのは大きな前進」としながらも「通常国会までに政倫審を開くのが党の決定だ。党の決定に従ってもらいたい」と強調した。岡田氏は小沢氏側に無条件で出席するよう求める文書を渡した。

 また、仙谷由人官房長官は28日、TBS番組の収録で、年明けにも予想される小沢氏の強制起訴について「野党が議員辞職勧告決議案を出せば、小沢氏の問題が個人レベルにとどまらなくなる。党対党、内閣対野党の問題になってくるのは悩ましい」と述べた。仙谷氏は26日も小沢氏に自発的離党を促しており、同決議案が提出される前の離党を迫ったものとみられる。

 離党問題について小沢氏は会見で「起訴もされていないのに、起訴されたらどうするかといわれても返答のしようがない」と明言を避けた。

URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101228/stt1012282253010-n1.htm



画像【激突ふたたび】小沢氏先手、執行部守勢 時限爆弾に吹き飛ばされるのは「どっち?」 2010.12.29 01:00

 追いつめられた感のあった民主党の小沢一郎元代表が反撃に出た。そう見るべきだろう。確かにかたくなに拒み続けていた衆院政治倫理審査会への出席の「意向」を示し、菅直人首相ら党執行部に一定の譲歩をしたとはいえる。だが周到な“仕掛け”も施していた。

 28日の記者会見。小沢氏は用意した書面にたびたび、目を落としながら、慎重に言葉をつなげた後、政倫審出席の“条件”を提示した。

 「私が出席することにより、予算案の審議をはじめ国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会(通常国会)の冒頭にも(政倫審に)出席し、説明したいと思います」

 裏を返せば、自分が政倫審に出ても国会が混乱するのなら、出る必要はないと言っているに等しい。

実際、小沢氏は記者会見直前に鳩山由紀夫前首相の個人事務所を訪ね、こんな話をしている。

 「問責の問題のほうが、国会審議にとって大きな問題だ」

 自民党など野党各党は、政倫審ではなく証人喚問に応じるべきだと主張している。加えて、先の臨時国会で問責決議された仙谷由人官房長官が交代しなければ、通常国会冒頭から審議拒否する構えだ。

 岡田克也幹事長が指摘する「国会審議の障害」は、小沢氏の問題に加え、仙谷氏の問題も同じように重い。こうして見ると、小沢氏が記者会見で示した“条件”は、仙谷氏の交代を要求にほかならないことが分かる。

 小沢氏にしてみれば、政倫審出席の意向を示すことで「通常国会の障害解消」というボールを、執行部側に投げ返したつもりなのだろう。菅首相から突きつけられた事実上の離党勧告をはね返す意味もある。

 首相は27日の党役員会で、政倫審の議決によって小沢氏の国会招致を実現する「党方針」を決定した。その直後、記者団に「党が決めたことに従えないなら、本人が出処進退を含めて考えるしかない」と述べ、小沢氏の自発的離党を促した。指導力に疑問符をつけられてきた首相にとっては、乾坤一擲(けんこんいってき)の言葉だったに違いない。

 しかし、小沢氏が政倫審出席の意向を示した以上、首相の「小沢切りカード」は当面、効力を失った。一方、反撃に出た小沢氏も強制起訴というハードルは抱えたままだ。時限爆弾を交互に渡しあうような抗争は新年に引き継がれた。

     ■

 「難しい条件だなあ…」。民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を表明した28日、党幹部は思わずこう漏らした。「政治とカネ」問題に悩まされ続けてきた民主党政権。菅直人首相ら党執行部にとって、小沢氏の決断は歓迎すべき話であるはずだが…。

 小沢氏は28日朝、川崎市の「川崎大師」を参詣した。厄よけで有名な寺院を訪れた後、政倫審出席の意向を表明したことになる。

 そんな経緯は知る由もない政府高官が昼食をとっているところに、「小沢氏、政倫審出席へ」というニュースが飛び込んできた。

 「ほれ、俺が言った通りだろ。政治は一寸先は闇…いや、一寸先は台風一過だ」と喜んだ。だが、台風が過ぎ去った後のように、政権運営の空模様が晴れわたったわけではないことにまもなく気付かされる。

 小沢氏が記者会見を開いていたのとほぼ同時刻、民主党所属の全議員の事務所にいっせいにファクスが送信されてきた。

 「挙党一致で『国民の生活が第一。』の政治を実現するために」

 冒頭にこう記され、文末には「衆議院議員小沢一郎」とあった。

 小沢氏は政倫審出席の時期について「通常国会冒頭」と記していた。一読した参院ベテラン議員は「実際には『出られない』ということだな」と判断した。

 民主党執行部は小沢氏が招致に応じなければ、「小沢切り(離党勧告)」を断行し、支持率低迷の要因となってきた「政治とカネ」の問題にケリをつけるつもりだった。しかし、小沢氏に先手を打たれた。岡田克也幹事長は反撃に出た。

 「党役員会の決定は『通常国会までに、小沢元代表が政倫審に出席されることが望ましい。それが実現しない場合、党として政倫審での申し立ての議決を行い、小沢元代表にご出席いただく』というものです」

 党職員を通じて小沢氏に渡した文書で、岡田氏はわざわざ「通常国会前の政倫審実現」と、「党としての議決」を強調することで、主導権を奪い返そうとした。

 首相は28日の閣僚懇談会で、新年元日に公邸で新年会を開くことを伝えた。元日には小沢氏も東京・世田谷の自宅で恒例の新年会を開く。そのことを意識してかこうも付け加えた。

 「世田谷と数を張り合うつもりはない」

(船津寛)

URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101229/stt1012290100000-n1.htm



画像小沢氏が会見で読み上げた声明文の全文 2010.12.28 14:32

 民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会に出席する意向を表明した28日の記者会見で読み上げた声明文「挙党一致で『国民の生活が第一。』の政治を実現するために」の全文は以下の通り。

 私はこれまで、菅(直人)代表及び岡田(克也)幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けてまいりました。それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明してまいりました。

 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。

 具体的に申し上げます。

 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。

 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。したがって、私はこの場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考えております。

40540

URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101228/plc1012281433016-n1.htm



画像仙谷氏ら続投なら 自民、首相問責検討 公明も賛成の意向 産経新聞 12月26日(日)7時57分配信

 自民党は25日までに、来年1月の通常国会召集に際し、参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相が職にとどまった場合、平成23年度予算案の審議前に菅直人首相への問責決議案を参院に提出する方向で検討に入った。提出されれば可決される可能性が高く、首相は国会冒頭から窮地に立たされることになりそうだ。

 民主党が過半数を占める衆院に内閣不信任案を提出しても否決されるのは確実のため、野党が多数を占める参院での問責決議案のほうが効果的と判断した。

 自民党は単独では参院で過半数に達していないが、みんなの党は先の臨時国会の際にも首相問責決議案の提出を模索しており、協力するとみられる。公明党も「共同提案はしないが提出されれば賛成するのが論理的な話だ」(国対幹部)としている。

 不信任決議と異なり問責決議には法的拘束力がない。首相は仙谷、馬淵両氏を辞任させないのも選択肢の一つとの構えを崩していない。これに対し、参院自民党を中心に「参院の意思として決議した問責決議をないがしろにしている」と反発を強めている。

 決議案を提出した場合、予算案の審議は大幅に遅れるのは必至で、景気回復に悪影響を及ぼすと与党側から批判されることが予想される。自民党内にも慎重論はあるが、党幹部は「2閣僚を続投させたら任命権者である首相は問責に値する失政を犯したことになる」と強調する。

 これまで首相問責決議は、野党時代の民主党が20年6月に福田康夫首相、21年7月に麻生太郎首相にそれぞれ提出し、可決された例がある。福田氏は約3カ月後に辞任を表明した。麻生氏は直後に衆院を解散した。

URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101226-00000061-san-pol



画像野党あくまで証人喚問の声 小沢氏政倫審出席意向 産経新聞 12月28日(火)20時42分配信

 衆院政治倫理審査会(政倫審)への出席意向を表明した民主党の小沢一郎元代表に対し、自民党は「一歩前進だが、証人喚問を取り下げることにはならない」(石破茂政調会長)と反発、あくまで偽証罪に問える証人喚問への招致を求める考えを示した。自民、公明両党は参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官らの辞任を求めており、小沢氏が政倫審に出席しても国会審議には応じない構えだ。

 自民党の石原伸晃幹事長は28日、「年の瀬になって今さら、非公開が原則で、偽証罪にも問われない政倫審に出席するとか、しないとか騒いでいる民主党は周回遅れのランナーだ」と批判。「終始一貫して証人喚問を求めており、あくまで証人喚問を求める」と強調した。

 公明党の山口那津男代表も記者団に「公開を決めて政倫審をやるのであれば一つの意味が出てくるが、それで尽きるとは考えていない」と語り、政倫審での説明が不十分な場合、証人喚問を求める考えを示した。

 自公両党は来年1月召集の通常国会で、仙谷氏ら問責閣僚が所管する国会審議を冒頭から拒否する方針。山口氏は小沢氏が政倫審出席の条件に国会審議正常化を挙げたことについて「自ら条件を付けるのはおかしな話だ」と述べ、審議復帰は仙谷氏らの辞任が条件になるとの考えを示した。

 みんなの党の渡辺喜美代表は「単なるアリバイ作り、証人喚問逃れだ。証人喚問をすべきだ」と強調。たちあがれ日本の園田博之幹事長も「政倫審が証人喚問に代わるとは思っていない。小沢問題が一段階進んだという評価はまったくしていない」と切って捨てた。

 共産党の市田忠義書記局長は28日、「民主党の選挙や国会審議の促進に役立つなら(政倫審を)やってもよいとは何という姿勢だ。国民に真摯(しんし)に事実を説明する姿勢がみじんもない」と批判、証人喚問を要求した。

 一方、社民党の福島瑞穂党首は「一歩前進でよかった。(政倫審の)公開を主張していきたい」と評価した。新党改革の舛添要一代表は「わが党は証人喚問とハードルを上げてはいない。国会で政治家としてきちんと説明すればいい」と述べた。

URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101228-00000595-san-pol



画像自民・公明 小沢氏の証人喚問要求を確認 < 2010年10月25日 16:43 >

24日に行われた衆議院北海道5区の補欠選挙で自民党が勝利したことを受け、民主党はさらに厳しい国会運営が迫られる。自民党・石原幹事長らと公明党・漆原国対委員長が小沢元代表の証人喚問を民主党に強く求めていく方針を確認しており、野党側が求める小沢氏の国会招致にどのように応じるのかが焦点となる。

 補欠選挙の敗北を受けて、仙谷官房長官は25日朝、「選挙がこういう結果になって残念だと思う。とことんクリーンというものを、私どももそこはけじめをつけて、身を引き締めてやっていかなければいかんなと(思っています)」と述べ、政治とカネの問題にクリーンな民主党をあらためて目指すべきだとの認識を強調した。また、菅首相も25日午後の参議院予算委員会で「政治とカネの問題も影響があったと見ることもできる」と述べた。

 こうした中、民主党幹部は25日朝、「小沢氏がいずれかの場で説明することが必要となる」と話している。今年度補正予算案の審議も控える中、民主党内では「小沢氏に政治倫理審査会に出席するよう求めるべきだ」との意見が強まっており、25日午後の役員会で対応を協議することにしている。

 一方、自民党・石原幹事長らは25日、公明党・漆原国対委員長と会談し、小沢氏の証人喚問を民主党に強く求めていく方針を確認した。石原幹事長は「後半国会、一致協力して対処していこうと。(補欠選挙は)政治とカネの話が最大の焦点であったと、(小沢氏の)証人喚問は引き続きしっかり要求していこうという話が出ました」と述べた。今後、自民党と公明党との足並みがどこまでそろうかが、今年度補正予算案審議など今後の国会運営を左右することになる。

URL:http://www.news24.jp/articles/2010/10/25/04169299.html

この記事へのコメント

  • ちび・むぎ・みみ・はな

    > 小沢氏と仙谷氏が刺し違える様相を呈してきたようにも見える。

    菅氏はマルキストだから仙谷氏を外すと思う.
    心配なのは公明党. 小沢氏が政治倫理審議会に出席した
    時点で一見落着とする可能性が大きい.

    小沢氏は嘘だか本当だか分からない強気の弁明をするから,
    世論はまたもや納得しない. その結果, 菅氏は益々世論に
    追い込まれる形になるのではなかろうか. もっとも, 実際に
    追い込まれているのは民主党なのだが.

    しかし, 国民の人望がない谷垣氏はしっかりと公明党を牽制
    できるだろうか. 土壇場で公明党が抜けると, 予算は通して
    やる, と腰が引けるのではないか.
    2015年08月10日 16:47

この記事へのトラックバック