方便と黄門

 
「徳之島も駄目で辺野古となった時、理屈付けをしなければならなかった。海兵隊自身が存在することが戦争の抑止になると、直接そういうわけではないと思う。海兵隊が欠けると、全てが連関している中で米軍自身が十分な機能を果たせないという意味で抑止力という話になる。それを方便と言われれば方便だが。広い意味での抑止力という言葉は使えるなと思った」
鳩山前首相

画像


鳩山前首相の「方便発言」が物議を醸している。

これは、沖縄の地元紙インタビューで、米軍普天間飛行場の県外移設を断念した理由として、在沖米海兵隊の抑止力の重要性を挙げたのは「方便だった」というもの。

これが琉球新報と沖縄タイムズに13日掲載されるや否や、各地から批難轟々。

琉球新報は社説で"万死に値する大罪"と怒りを露わにし、テレビでもコメンテーターが"引退すべきだ"という。社民党の福島党首は「私は方便でクビになったのか。本当にひどい」と憤り、公明党の山口代表も「自ら決定した大事な政府の意思決定の理由付けが方便だったというような浅はかな認識を示すことは言語道断だ」と批判した。

国民新党の下地幹郎幹事長が「そういう浅い考えで沖縄の基地問題が判断されていたとなると、過重な基地負担を背負っている県民からすれば残念だ」とすれば、自民党の石原幹事長も「冗談抜きに沖縄県民も米国も怒っていると思う」と批判。

まぁ要するに、全方位からボコボコに非難されている。

非難の嵐に慌てた鳩山氏は慌てて、"「方便じゃないですか」と聞かれたからそう答えた"、と釈明したけれど、もう遅い。まったくこの御仁は周りを混乱に陥れないと気が済まないのか。

産経新聞は、鳩山氏を「政権最大の難敵」とし、「菅氏は副総理だったのに鳩山氏が普天間で一番苦しんでいる時に『われ関せず』と逃げ、ちゃっかり後継に納まったからだ」と鳩山氏周辺が打ち明けたと報じているけれど、あるいはそうかもしれない。

だけど、仮にも首相の職にあった者が、こうした内容を軽く話して良いわけがないし、しかも普天間という今でも政権に重く圧し掛かる案件。それをまぁ、こうぺらぺらと暴露する。

かつて、自ら、「首相経験者が影響力を行使しすぎてはいけない」と首相を辞めたら政界を引退すると言っておきながら、あっさりとそれを撤回したかと思えば、今度はこうして影響力を行使しまくってる。

首相を辞めたときに、静かに引退していればよかったものを、政権最大の難敵どころか、日本そのものの信頼を失墜させる存在となってしまってる。

国会の答弁でもそうだけれど、民主党の政治は、素人にしても酷過ぎる。余りにも場当たり的で、いい加減。一体、どこが"国民の生活が第一"なのか。遊びで国政をやるのなら、始めからそういって、選挙に臨むべき。

国民の多くは、最初であればこそ、民主党のボロさ加減が見えたとしても、"認知的不協和"の心理で、政権交代は間違っていないと、なんとか自分に言い聞かせてきたかもしれないけれど、ここまでくると、民主党に対する不信感というよりは、もう、憎悪に近い感情が沸き起こっているのではないかとさえ思う。

先の衆院選でのマニフェストを殆ど反故にした挙句、ジミンガーを叫び、自分達は悪くないと居直る態度を続ける民主党。国民を完全に欺いた。

騙す方が悪いのか。騙される方が悪いのか。



こんなとき、テレビの「水戸黄門」なんかだと、黄門様(会津の黄門ではない)が、狼藉の限りを尽くす家老や悪代官を懲らしめてやるところ。だけど、その「水戸黄門」とて、悪事を働くのは、専ら代官や家老くらいであって、その上の領主自身が悪事を働くというわけじゃない。

領主は、その監督不行き届きを黄門様に咎められることで、自らの不明を恥じ、以後、校正に勤めるようになる、というのが、「水戸黄門」のお決まりのパターン。観ている方もそれで安心する。

小物は悪さをしても、その上の領主や大名クラスは悪さはしないというのが、日本人の基本的感覚ではないかと思う。

それを根底から打ち崩しているのが民主党。首相から嘘つきで、ルーピーで、無責任。

まるで、黄門様みずから悪事を働いているようなもの。いくら地方選挙で批判票を投じて、民主党候補をどんどん落選させても、自分は関係ないと開き直る。

そんな"黄門様然とした民主党"を、いつまでたっても懲らしめること出来ないでいるから、国民のフラストレーションは溜まる一方。

今年の1月5日、菅首相が「報道ステーション」に生出演したけれど、普段13~14%はキープする視聴率が、菅首相が画面に現れた途端、6.9%にガクンと落ちたそうだ。

最早、国民の目からは、民主党は"穢れた者"扱いになっているのでないか。民主党なんか近寄りたくなければ、見たくも無い、と。

もちろん、「水戸黄門」でも、最高権力者は絶対間違いを犯さないという描き方はしていない。たとえば、五代将軍綱吉の"生類憐みの令"を取り上げた話がある。そこでは、黄門様が"生類憐みの令"の行き過ぎを綱吉に諫言するシーンがあるのだけれど、綱吉はちゃんとその諫言を受け入れ、余が不明であった、と詫びている。

こうした、命を懸けて為政者を諌めようとする御意見番が居て、それを素直に受け入れる為政者がいる。

ドラマだけに、多分に脚色されている面があるにせよ、こうした"穢れなき姿"こそが、日本人の感性にマッチした為政者の姿であり、為政者には、そうであって欲しいと半ば理想化しているところがあるように思う。

もしも、それにあまりにも外れた権力者が居たとしたら、おそらくは、非常な嫌悪感を持たれるだろうことは疑いない。

自らの不明を認めず、言い逃れを続ける者たちが、いつまでも生き残る道理はない。




画像 ←人気ブログランキングへ

画像普天間問題 海兵隊の抑止力「方便だった」 鳩山氏は「政権最大の難敵」2011.2.14 22:36

 鳩山由紀夫前首相が沖縄県地元紙のインタビューで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の県外移設を断念する理由として「在沖縄海兵隊の抑止力」を挙げたことを「方便だった」と語った。民主党政権の外交・安全保障政策の信頼性を著しく損ね、政府の沖縄県との移設交渉はさらに難航するのは確実。ただでさえ国会運営に行き詰まり、内閣支持率の低迷で青息(あおいき)吐息(といき)となっている菅直人首相にとって鳩山氏は最大の「難敵」と化している。(阿比留瑠比)

 「(鹿児島県)徳之島もダメで(沖縄県名護市)辺野古となったとき理屈付けをしなければならなかった。抑止力は方便といわれれば方便だが、広い意味で使えると思った」

 鳩山氏は13日付の琉球新報、沖縄タイムスのインタビュー記事でこう語った。

 鳩山氏は昨年5月4日、首相として沖縄訪問し、県外移設断念を表明。その理由を「学べば学ぶにつけ、海兵隊のみならず、沖縄の米軍がすべて連携しており、その中で抑止力が維持できる」と説明した。これが「方便」にすぎなかったというわけだ。

 琉球新報は激高し、社説に「これほど言葉の軽い政治家を見たことがない。そして自らの言葉に無責任な人も。万死に値する」と記した。

 慌てた鳩山氏は14日、都内で記者団に「『方便じゃないですか』と聞かれたから『そう言われたらそうかもしれない』と答えた」と釈明。「後付けで学んでいくとこういうふうに解釈できるな、という発想で言った」とも語った。

 政府は火消しに躍起となった。首相は14日夜、記者団に「海兵隊を含む在日米軍全体はわが国の安全に重要な役割を果たしている」と強調。枝野幸男官房長官も「海兵隊が沖縄にあることが極東の安全に寄与する」と語った。

 鳩山氏は昨年6月の首相退陣時に任期限りの引退を表明し「首相たるもの影響力を(退任の)その後行使しすぎてはいけない」と語った。にもかかわらず引退を撤回し、首相の足を引っ張る形でひたすら影響力を行使する。事例は枚挙にいとまがない。

 首相が民主党の小沢一郎元代表の排除を狙うと小沢氏と連携して対抗。沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で日中間がぎくしゃくすると「(日中関係は)私の首相時代に非常によくなってきた」とあてこすった。党執行部がマニフェスト(政権公約)見直しを検討し始めると衆院解散の必要性に言及。首相がメドベージェフ露大統領の国後島訪問を「許し難い暴挙だ」と批判すると「強硬姿勢ばかりではダメだ」といさめた。

 首相の施政方針演説も「(自らが提唱した)東アジア共同体構想のメッセージが消えた」と皮肉り、自らを「平成の脱税王」と呼んだ与謝野馨経済財政担当相の起用にも強い不快感を表明した。

 なぜ鳩山氏は首相の後ろから鉄砲を撃つような発言を続けるのか。

 鳩山氏周辺は「菅氏は副総理だったのに鳩山氏が普天間で一番苦しんでいる時に『われ関せず』と逃げ、ちゃっかり後継に納まったからだ」と打ち明ける。「私と小沢氏が身を引いたから首相になれた恩を忘れている」との思いもあるようだ。ある野党幹部は「鳩山氏は民主党のオーナー意識が抜けない。消費税率引き上げなど自分が示した方向と異なることをやるのは許せないのだ」と解説する。

 今月9日、鳩山氏は日印関係の国際会議への協力要請のため、安倍晋三元首相と会談した際、首相についてこう愚痴った。

 「あの人は本当に何を考えているのか。変な人です。せっかく(自分の政権で)よいことをやっていたのだから、それを続けていただきたい」

URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110214/plc11021422380010-n1.htm



画像鳩山由紀夫前首相の一問一答 [2011年02月13日 07:32]

鳩山由紀夫前首相のインタビューの一問一答は次の通り。

 ―2009年衆院選の際に移設先は「最低でも県外」と発言した際の見通しは。
 「民主党は沖縄ビジョンの中で、過重な基地負担を強いられている沖縄の現実を考えた時に、県民の苦しみを軽減するために党として『最低でも県外』と決めてきた。鳩山個人の考えで勝手に発言したというより党代表として党の基本的考えを大いなる期待感を持って申し上げた。見通しがあって発言したというより、しなければならないという使命感の中で申し上げた。しっかりと詰めがあったわけではない」
 ―当初、大きな問題になると考えていたのか。
 「最終的に首相を辞する大きなテーマになるとは予測してなかった」

 ▽漏れた機密
 ―閣僚の発言はバラバラだった。
 「岡田(克也)君は外相当時、マニフェスト(政権公約)に『県外』とまで書かなかったと話したが、民主党が圧倒的な国民の支持を得て政権を中心的につくらせてもらったのだから、党のビジョンはしっかり打ち出すべきだと思った。一致して行動していただきたいという思いはあった」
 「北沢俊美防衛相は、政権交代後、どこまで防衛省の考え方を超えられるか、新しい発想を主張していくかということが本当はもっと勝負だった気がする」
 ―外務、防衛両省に新しい発想を受け入れない土壌があったのでは。
 「本当に強くあった。私のようなアイデアは一笑に付されていたところはあるのではないか。本当は私と一緒に移設問題を考えるべき防衛省、外務省が、実は米国との間のベース(県内移設)を大事にしたかった。官邸に両省の幹部2人ずつを呼んで、このメンバーで戦って行くから情報の機密性を大事にしようと言った翌日に、そのことが新聞記事になった。極めて切ない思いになった。誰を信じて議論を進めればいいんだと」
 「自民党(政権)時代に相当苦労して(県内移設という)一つの答えを出して、これ以上はないという思いがあり、徐々にそういう方向に持っていこうという意思が働いていたのではないか。彼らが米国と交渉すると、信頼するしかない。これ以外ない、これ以上は無理だとなった時に、その先を進めることはなかなかできなかった。自分自身の力量が問われた」
 「防衛省も外務省も沖縄の米軍基地に対する存在の当然視があり、数十年の彼らの発想の中で、かなり凝り固まっている。動かそうとしたが、元に舞い戻ってしまう」

 ▽密使、候補はいた
 ―味方はいたのか。
 「平野博文官房長官(当時)は(望みをかけた)徳之島をいろいろと模索してくれた。少なくとも1人はいた」
 ―密使を使う考えはあったのか。
 「やりたい発想はあり、やってくれそうな方もいて検討はしたが、非常に難しかった」
 ―県内移設理由として在沖縄米海兵隊の抑止力は唐突感があった。
 「徳之島も駄目で辺野古となった時、理屈付けをしなければならなかった。海兵隊自身が(沖縄に)存在することが戦争の抑止になると、直接そういうわけではないと思う。海兵隊が欠けると、(陸海空軍の)全てが連関している中で米軍自身が十分な機能を果たせないという意味で抑止力という話になる。それを方便と言われれば方便だが。広い意味での抑止力という言葉は使えるなと思った」

 ▽オバマからの手紙
 ―日米首脳会談での発言が物議を醸した。
 「沖縄県民に理解されながら、米国にも合意してもらえる案が必ず作れるという気持ちは持っており、私という人間を信じてくれという意味で『トラスト・ミー』という言葉を使った。昨年7月にオバマ米大統領から手書きのレターが来て『あなたは自分の言葉に忠実だった』と書かれていた。日米関係が大変毀損(きそん)したと(メディアに)書かれたが、少なくとも7月の段階ではそうではない」
 「残念ながら沖縄の皆さんに理解してもらえる案にはなっておらず申し訳なく思っている。政府と沖縄との信頼関係が大きく毀損したのは事実で本当に申し訳ない。大変残念だ」
 ―09年末までに一度、県内移設を決断したのではないか。
 「トラスト・ミーという言葉まで使い、県外移設のめどが立たない現実があった。一方で(09年12月段階で)最終的に昨年5月28日に発表したもの(沖縄の負担軽減策)と同じようなものが既に取れていた。ここを前面に出し、沖縄の理解をいただき辺野古は仕方がないと感じた瞬間はなかったと言えばうそだ」
 「しかし仲井真弘多沖縄県知事の意向などもうかがいながら、沖縄県民に対する裏切りで政治的に持たないと判断し決着時期を延期した」

 ▽幻の直接交渉
 ―決着時期を昨年5月とした理由は。
 「米国として(09)年内の決着を期待しているものを1年は延ばせない、せいぜい半年という思いがあった。3月までは予算で動けない。社民党の党内事情もあった。普天間を争点にしたら7月の参院選を戦えない。ゴールデンウイークに米国に行き、(オバマ氏と)直接交渉しようと思っていたが、(政府案が)まとまっていなかった」
 ―昨年3月の韓国海軍哨戒艦沈没の影響は。
 「現実に北朝鮮の脅威を感じた。ある意味で戦争行為。(移設先が)辺野古に舞い戻らざるを得なくなって来る時の現実の脅威が、てこみたいに働いてきた」
 ―「腹案」とは。
 「徳之島に移設先を見いだしたかったので腹案という言い方をした。米軍も最後には、訓練の一部を移すことは検討できるということだったから、日米共同声明の中で『徳之島』という文言は生きている」

 ▽遠かった政治主導
 ―県内移設の最終判断は。
 「徳之島をあきらめざるを得ないと結論を出した時。4月28日に(元衆院議員の)徳田虎雄氏と会い、(理解を得られず)完全に徳之島が閉ざされた」
 「沖縄と日本政府と米国との3者が協議機関をつくり、政府原案を議論する舞台ができれば乗り切れると思った。5月に仲井真知事と2回目に会った時に、知事選まではできないと言われ、沖縄の理解を得るところまで行かなかったと基本的に観念した」
 ―今後の交渉は。
 「普天間の移設先も固定化してはいけない。未来永劫(えいごう)、米国の基地として使わせるつもりで造ってはいけないという話は平野官房長官との間では認識していた。沖縄は納得していない。理解を得るためには日米合意には入っていないが、(基地としての使用に期限を設ける)暫定しかない(ようにする)とか、交渉のやり方はあってしかるべきだ」
 「(沖縄から)ある程度の距離があっても(米軍が)ワンパッケージであれば、十分、抑止力という言葉で成り立つ」
 ―反省点は。
 「相手は沖縄というより米国だった。最初から私自身が乗り込んでいかなきゃいけなかった。これしかあり得ないという押し込んでいく努力が必要だった。オバマ氏も今のままで落ち着かせるしか答えがないというぐらいに多分、(周囲から)インプットされている。日米双方が政治主導になっていなかった」

URL:http://www.oita-press.co.jp/worldDetail/2011/02/2011021201000540.html



画像菅 生出演「報ステ」視聴率6.9% 【政治・経済】2011年1月7日 掲載

 菅首相が「自らの言葉でメッセージを伝えたい」と意気込んで生出演した「報道ステーション」の視聴率が、いつもよりガックンと落ちて、テレ朝が泣いている。
「報ステ」の視聴率は普段でも13~14%はキープする。ところが、菅首相が画面に現れた5日夜には、わずか6.9%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)。新春早々、あまりの数字の悪さにテレ朝内でもタメ息が漏れたほど。過去に首相時代の安倍晋三が登場した際でも16.7%はあったのだ。
 菅は番組で消費増税を含めた税制改革に「政治生命を懸ける」などと豪語した。その発言の軽さが批判を浴びている。視聴者も新年早々からアホ菅の顔など見たくないということか。

URL:http://gendai.net/articles/view/syakai/128255

この記事へのコメント

  • せみまる

    在沖海兵隊部隊が抑止力となるという鳩山の発言を「現実的」と称してほめたたえていた、軍事に疎い軍事主義者-戦争と平和の問題を軍事的にしか思考できない-日本のメディア、沖縄基地利権、ジャパンハンドラーの代弁軍事評論家、その他、中国や朝鮮を無意味に脅威とみなす者たちが跋扈する昨今、愚鈍な鳩山が今や理性に火が燈り、己が日本の安全保障を考慮せず、徹頭徹尾アメリカのご機嫌取りにしか過ぎない人間であったことを告白するに至った。日本人の良心がいささかでもあったということか。後はアメリカ軍が日本に駐留していることが大好きな輩が自己正当化のへ理屈をいかにこねるか、その言い訳を聞こう。
    2015年08月10日 16:47
  • almanos

    鳩山氏は典型的な馬鹿殿ですからね。しかも潔さが全くない。しかし、こうしてみると民主党の実力者って揃ってまともなのがいない。無能な卑怯者である空き管、馬鹿殿鳩山、悪代官小沢。悪家老仙石と。ほんとにまともなのがいない。で、前原岡田両名は右往左往する小物と。とっとと解散総選挙してくれ。全力であんた等からバッジ取り上げるからといいたいです。
    2015年08月10日 16:47
  • 白なまず

    せみまる様、米軍が沖縄から撤退したとして、その後沖縄を守る為にはどうすれば良いとお考えですか?当然自衛隊が守るのが筋であると思いますが、中国の侵略から十分に守れるだけの武力が必要になりますが、直ぐに対応できないのが問題です。
    2015年08月10日 16:47
  • sdi

    友愛殿の「方便」論の発言を一部を切り取って舞い上がったレフトな方々がTwitterの普天間タグに雨後筍のごとくでしたが、あっという間に軍事クラスタの方々にふるぼっこにされてしまいましたとさ。どっとはらい。
    まあ、原因の一つにこの記事が新聞に載った後、当のご本人がこんなことを放言してます。本人わずか「方便だ」といったことをわずか一夜で撤回しちゃったのではこの「方便」論を根拠に反米論唱えるのは無理でしょ。

    以下引用
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110214-OYT1T00835.htm?from=tw
    鳩山氏は首相在任中の昨年5月に沖縄を訪問した際に、「学べば学ぶにつけて、海兵隊のみならず、沖縄に存在する米軍全体の中で抑止力が維持できるとの思いに至った」と記者団に語った経緯がある。これに関連し、沖縄の地元紙などは13日付で、鳩山氏がインタビューで「『抑止力』は方便だった、と説明した」とする記事を掲載。鳩山氏は14日、東京都内で記者団に「(自ら)『方便だ』と言ったわけじゃない」と釈明した
    2015年08月10日 16:47
  • クマのプータロー

    影響力とは、周りが決めるもの。終わった人の言説を後生大事にする方が、すなわち騙される方が悪いと私は思います。ロシアの件に関しては、鳩山カルテット・エイジが何をしたのか、ロシア大統領以下が日本を挑発するような行動と放言を繰り返しております。
    メーソン鳩山家の日本売りはこれからが本番です。
    2015年08月10日 16:47
  • ちび・むぎ・みみ・はな

    学会党が怒るの方便を使ったのが鳩頭だからか.
    記者に話せることがないなら, 夫婦共々金星で
    平和に暮らして欲しい. しかし, 鳩頭に取材する
    とは新聞も終末期だ.

    > 騙す方が悪いのか。騙される方が悪いのか。

    騙す方が悪いのは当然だが, こうも簡単に騙される
    国民がどうかしている. 日本人は大東亜戦争から何も
    学んでいないのか. コミンテルン-ゾルゲ-尾崎-毎日
    の笛吹きに踊らされて戦争に突き進んだ過去を学んで
    いないのか.

    歴史は愚行を防ぐために学ぶもの. GHQ占領政策に
    よる歴史の塗り換えを座視した団塊の世代, それに
    日本人のメンタリティを持たない占領権益集団と
    闘争好きの自虐世代の害悪は限りなく大きい.
    2015年08月10日 16:47

この記事へのトラックバック