フリージング政府と3と3と八百万

 
予想通りというかなんというか、2月6日投開票の愛知県知事選、河村前市長の辞職に伴う出直し名古屋市長選と名古屋市議会の解散投票は、自民を離党して無所属で出馬した大村氏と河村前市長の圧勝で幕を閉じた。

画像


2月7日0時時点の開票結果は次のとおり。
○愛知県知事選 0:00時点(開票率 95.14%)

大村秀章 1,415,125
重徳和彦   533,379(自民支持)
御園慎一郎  476,365(民主、社民、国民新推薦)
土井敏     136,461(共産推薦)
薬師寺道代  314,436(みんなの党公認)


○名古屋市長選 0:00時点(開票率 96.79%)

石田 よしひろ 215,172 (無所属)
八田 ひろ子   45,791 (無所属)
杉山 ひとし    22,517 (無所属)
河村 たかし  641,247(減税日本)


○名古屋市議会の解散投票 0:30時点(開票率90.57%)
賛成     638,665
反対     223,512

大村氏も河村氏も、次点にトリプルスコアの大差。そして名古屋市議会解散投票も賛成が反対をトリプルスコアで上回っている。

トリプル選挙のトリプルスコア。民主党はもちろん、自民党にも完全にノーが突き付けられた形。一部には、首長が地域政党をつくって議会の多数派形成を狙う「首長新党」の手法をとって、民主党など既成政党への批判を演出したことなどが効を奏したという見方もあるけれど、確かにそうした部分はあると思う。

なぜなら、やはり国民は既存政党への失望を強く感じているから。自民が駄目だと思って政権交代したのに、民主はもっと駄目だった。耳辺りのよい公約をいっていたのに、結局できませんでしたと嘘をついて平然としている。それどころか、悪いのは自民だと人のせいにして、自分達は内ゲバに終始している。

もう全然信用できない。そんな気持ちが批判票となって表れた。

ここまで大差がついてしまうと、国政に影響がないとはいえないだろう。2009年の衆院選では、民主党は愛知県の小選挙区で全勝している。それが僅か2年でこの惨状。

菅首相が総辞職や解散もせず、民主党執行部が今のままであれば、春の統一地方選もこのままの流れで行くのだろうと思われる。



それにしても、民主党政権になってから、特に、菅政権になってからというもの、地方の反乱というか、地方の中央に対して離反してゆく傾向が出てきているように思う。

先の子ども手当にしても、元々、全額国費負担でやる、とマニフェストで宣言していたところ、やはり地方も負担すべしと閣議決定したのに対しても、神奈川県の松沢知事は、うそつき政権、詐欺政権だ、と強く非難して負担を拒否する意向を示しているし、TPPの問題にしても32道府県が反対または慎重の意見書を可決している。

もちろん、根回しも事前の話し合いもせずに、自分たちの思いつきと思い上がりで勝手に政策を打ち出す、民主党の稚拙さがあることはその原因なのだろうけれど、それ以前に、民主党が政権交代前から、地方分権なる理念を出していることにも遠因があるような気がしてならない。

なぜなら、地方分権とだけいえば、何やら聞こえがよいけれど、民主党の地方分権は、地方の自立を促し、権限を委譲するなんてものではなくて、地方は地方で勝手にやれ、俺たちは知らない、という無責任放置に近いやり方をしてきたから。

昨年の宮崎の口蹄疫や奄美の大雨。今年では、山陰・北陸・東北の大雪災害。そして霧島山の新燃岳の噴火や鳥インフル。どれもこれも普通なら、国がとっくに災害対策本部をつくって対応してしかるべきところを、民主党は何にもやらない。

もしかしたら、"地方なんて自分たちの領分ではない"と思ってはいるのではないか。それを地方分権という言葉で誤魔化している。そんな気さえしている。

昨年の宮崎の口蹄疫では、多数の牛や豚が殺処分されて、甚大な被害を出したけれど、その後、韓国で起きた、口蹄疫被害の拡大具合をみると、宮崎は驚異的な努力と、神々の御加護で、あれだけで済んだのだと思えるほど。

また、今年の大雪被害でも、地方自治体は懸命な努力で県民の生活を維持しようと努力している。

フリージングしている政府に代わって、地方自治体が国民の生活を支えている。

先日、新燃岳の噴火について、「牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」とツイッターで発言して非難が殺到した、前民主党衆院議員がいたようだけれど、その神の怒りは、一体、誰に向けられたものなのだろうか。

1月4日、菅首相は、伊勢神宮に参拝していたけれど、最早、八百万の神々は、民主党を見限り、"接触禁止"にしているかもしれない。






画像 ←人気ブログランキングへ

画像河村氏完勝、既成政党に衝撃…首長新党は追い風


 減税と既成政党への批判を掲げた河村たかし・前名古屋市長の再選、大村秀章・前自民党衆院議員の愛知県知事の初当選は、4月の統一地方選を前に各党にショックを与えた。

 首長が地域政党をつくって議会の多数派形成を狙う「首長新党」の手法も、他の地域で勢いづく可能性がある。

 ◆圧勝の図式

 市長選の河村氏と知事選の大村氏は、「日本初の市民税、県民税の10%減税」を共通公約に掲げて「計600億円の減税で2000億円の経済効果」と主張。これで選挙戦を終始リードした。

 自分と対立する市議会を解散し、自らの支持者を議員に送り込んで議会を掌握したい河村氏。描いたシナリオは、知事選で同じ減税を掲げる候補を担ぎ、自らも任期途中で辞職して出直し市長選に出馬、タッグを組んで有権者の支持を得る――というものだった。この選挙と同時に行った住民投票で市議会も解散となり、有権者の喝采を引き出す戦術が的中した。

 名古屋市は赤字地方債(臨時財政対策債)を400億円発行している。このため、対立候補は「恒久減税を行う財源などない」と批判した。だが、減税の主張と一緒に展開した市議の「厚遇批判」も有権者の関心を集め、これも大きな勝因になったとみられる。

 ◆首長新党

 もう一つの戦術が「首長新党」という手法だ。河村氏は市長選で自ら率いる政党「減税日本」公認で出馬し、大村氏も知事選直前に「日本一愛知の会」を発足させた。これで支持率が低迷する民主党など既成政党への批判を演出した。

 今回の結果に勢いづくのが、橋下徹・大阪府知事が代表を務める「大阪維新の会」で、「既成政党の機能不全が証明された。次は大阪だ」(浅田均政調会長=府議)という。同会は自民・民主両党を離党した府議や大阪・堺両市議らをメンバーに橋下知事の「大阪都構想」の実現が旗印。統一地方選で行う府議選、大阪・堺両市議選で過半数獲得を目指す。

(2011年2月6日22時13分 読売新聞)

URL:http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110206-OYT1T00489.htm?from=y10



画像河村氏、トリプル選完勝…名古屋市議会は解散

. 4月の統一地方選の前哨戦として注目された愛知県知事選、河村たかし前市長(62)の辞職に伴う出直し名古屋市長選は6日、同市議会解散の賛否を問う住民投票とともに投開票された。

 5新人が争った知事選は前衆院議員・大村秀章氏(50)(無所属)が初当選を決めた。出直し市長選は河村氏が3新人を退け、再選を果たした。政令市で初の住民投票も解散賛成が反対を上回り、来月に出直し市議選が行われる。

 元自民党県連会長の大村氏は河村氏と連携し、県民税10%減税、県と名古屋市を合体させる「中京都」構想などを訴え、自民党の一部国会議員や公明党県本部の支援を受け支持を広げた。

 大村氏支援のため、知事選に合わせて任期半ばで辞職した河村氏は、「大義のない辞職」などと批判を受けたが、1年9か月の在任中の実績と、市民税10%減税の恒久化、議員報酬半減などをアピールした。

 さらに、大村、河村両氏はそれぞれ地域政党「日本一愛知の会」「減税日本」を率い、既成政党に不満を持つ層を取り込んだ。

 一方、名古屋市議会の解散の賛否を問う住民投票は、河村氏の支援団体メンバーらが街頭などで賛成を呼びかけたほか、河村氏も自らの選挙運動と連動させて議会批判を繰り返した。

(2011年2月6日23時13分 読売新聞)

URL:http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110206-OYT1T00414.htm?from=y10



画像地域政党、不満や失望感の受け皿…岡田幹事長

. 6日の愛知県知事選、名古屋市長選の結果を左右した「地域政党」について、民主党は「自民、民主両党が国民の期待に応えていないとの不満や失望感の受け皿になっている」(岡田幹事長)と見ている。

 「首長が議会の私物化に利用している」(生方幸夫選挙対策委員長代理)との批判もあるが、地方分権重視の立場からは「『地域主権』実現の地域政党なら意味はあるが、国政で何かを主張すると自己矛盾する」(鳩山前首相)とジレンマもにじむ。

 これに対し自民党の谷垣総裁は「地域課題の解決へ結成されたなら評価すべき点もあるが、人気取り的な主張もある」と指摘。地域政党は「一過性」(幹部)とみて、冷ややかだ。

 ただ、民主、自民両党とも、公明党県本部が地域政党の知事候補を支持したことの統一地方選への影響を懸念する点では共通する。自民党は「今後の足並みの乱れにつながる」とし、民主党も「地方議会重視の公明党は勢いのある地域政党を敵に回したくない」(選対幹部)と警戒を強める。

(2011年2月6日21時53分 読売新聞)

URL:http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110206-OYT1T00470.htm?from=y10



画像「新燃岳噴火は神の怒り」河上満栄氏のツイート炎上 2011.2.6 09:06

 霧島山・新燃岳の噴火をめぐり、前民主党衆院議員の河上満栄(みつえ)氏(39)のツイッターでの発言に批判が殺到していたことがわかった。河上氏は5日、ツイッターのアカウントを閉じるとともにブログで謝罪した。

 河上氏は4日、ツイッターで新燃岳の噴火について「牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」と発言。口蹄(こうてい)疫や鳥インフルエンザの拡大に伴う家畜の殺処分とからめた内容に、「宮崎の畜産農家に謝るべき」「憤りを感じる」などと批判が相次いだ。

 翌日、河上氏はツイッターを閉じ、ブログで「多くのみなさまにご迷惑をお掛けしてしまいました」と謝罪。謝罪文には当初「今回、ネット上で、無名無数の方々から激しい罵りを受けました」「私も大変傷つきました」との表現もあったが、こちらもネット上でやり玉に挙げられ、現在は削除されている。

URL:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110206/stt11020609080004-n1.htm

この記事へのコメント

  • 葛城忍

    この結果が日本にとって、また、愛知、名古屋にとっていいことなのか悪いことなのか、個人的にはイマイチよくわかりません。
    大村氏はまあ各所で言われてるような人らしいので論外なのですが、河村氏は元?民主なので個人的には悪いイメージしかない。減税うんたら聞こえのいいことは言うが、じゃあその分の市の財源はどうやって補うの? と思いますし。あと手法がどうも強引な印象しかない。

    あと、超個人的な偏見ですが、愛知県には先の衆議院選挙の結果があるので、どうにも愛知県民に対しては穿った見方をしてしまいます。まあトヨタがあるから仕方ない部分もあるのでしょうが。
    2015年08月10日 16:47
  • itukyuu

    以前から主張している如く、既成政党が脱皮しない限り、日本再生は有りえません。然し、この流れは【非情に危険】でしょう。
    オーバー・ラン?が出ている?。何れにしても【朝鮮党・崩壊は確定】。
    統一地方選は天下分け目の国民的判断に成ると想定します。
    旧自民【真・保守の仕切りなおし】が要求されていますネ!。
    2015年08月10日 16:47
  • almanos

    民主党だけでなく、自民党すらもという所が中々きつい。この先、既成政党が本格的に変わらない限り地方での基盤を失い続けるという事態になりかねない事を意味するのですから。谷垣体制で何とかしようとしている自民党も、本気で古いしがらみを壊すか、大村氏の様な見限って離党する議員で崩壊するかの二択となるのでしょう。民主党はもっと深刻で、空き管を降ろしてしまうと間違いなく道連れにされる。でも、このまま行くと全滅。落城と全滅どちらを選ぶという究極の選択が待ち受けている。ま、自業自得ですけど。
    2015年08月10日 16:47
  • 白なまず

    受けいれずにハネ返すのは大怪我のもと。何回でも何回でも同じことくりかえさねばならんことになるぞ。何か迫り来るのは、何か迫り来るものが自分の中にあるからぞ。内にあるから外から迫るのぢゃ。自分で呼びよせているのぢゃ。苦しみの神、因果の神 呼んでおいて、不足申している者 多いのう。


    【内は外、外は内】
    http://jinga123.blog118.fc2.com/blog-entry-221.html

    内にあるものが何かを気付かせるために、それを外に見せる(体験させる)仕組み。
    もっと言えば、内なる闇、内なる穢れを知らせるために、外に闇や穢れを見せてくれているということ。

    ひふみ神示 第24巻 黄金の巻 第八帖

     外にあるもの内にあるぞ。十一月十七日。

    ひふみ神示 第24巻 黄金の巻 第九十九帖

     内にあるもの変へれば外からうつるもの、響いて来るもの変って来るぞ。内が外へ、外が内へ響くのぢゃ。妻にまかせきった夫、夫にまかせきった妻の姿となれよ。信仰の真の道ひらけるぞ。一皮むけるぞ。岩戸ひらけるぞ。不二晴れるぞ。(一月三日)

    【高い意識に目覚めると、霊的な信号が、あなたに不思
    2015年08月10日 16:47
  • とおる

    民主党は、嘘のマニフェストで国民に期待を持たせ、政権を盗った後には、そのマニフェストを否定し国民を裏切り、国会では閣僚の虚偽答弁さえ認める閣議決定をして、民主主義・議院内閣制を破壊するのが目的なのでしょうか?
    政治に対する国民の信頼を裏切ることで、国民に怒りを持たせて、その時点で、プロパガンダに長けた独裁者を生み出すつもりでしょうか?
    2015年08月10日 16:47
  • ちび・むぎ・みみ・はな

    > "フリージング"している政府に代わって、
    > 地方自治体が国民の生活を支えている。

    たまたま「海軍反省会2」を読んでいるが, トップ
    を頭の良い順に選んだのが敗因だと冒頭で発言が
    あった.

    今でも, 官僚に任せるとろくなことはない.

    民主党も頭でしか考えなかった連中が作った.
    しかも, 皆それほど頭も良くないし.

    産経で石原氏が紹介しているように,
    携帯で言葉ばかり紡ぎ出してきた連中は激しい
    現場から逃げる. そんな連中が民主党にいっぱい.
    今は逃げることばかり考えているに違いない.

    自民党はまともだが, 県知事選挙で新しい流れに
    乗れなかったのは, やはり反省が足りないのでは
    ないか.

    自民党が生れ変われない限り混迷は続くだろう.
    2015年08月10日 16:47

この記事へのトラックバック