日本の人気を理解できない韓国

  
昨日のエントリーの続きです。

画像
 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
毎年行っているBBCの国際好感度評価は、他国による自国への「現状認識」を表したものだといえる。しかもこの評価は、世界25ヶ国からの回答を集計した結果だから、一定程度の客観性も兼ね備えている。

だから、現在ただ今の「現状認識」を正すためには、まず一旦は、このBBCの調査結果を素直に受け入れてみることも一つの方法だと思う。

だけど、韓国は、この結果を素直に受け取れない。特に日本に対してはそう。

6月2日、韓国の大手紙である朝鮮日報は、「それでも世界から愛される日本」と題したコラムを書いているけれど、「日本の政治家による破廉恥な過去史否定で、国際社会での日本の立場は厳しくなっただろうと思った。ところが現実は、そういうわけでもないらしい」という冒頭で始まっていて、日本の国際評価が高いという事実を中々受け入れられないというか、理解できないようにみえる。

コラムは、よく韓国が引き合いに出す、ドイツを例に挙げ、ドイツが"良心的な過去史反省"をしているのは、かつてドイツが被害を与えた国々に囲まれているからであって、そうするしかない外部環境にあるからだ、という。そして返す刀で、韓国は戦争で日本を破ることができなかったから、日本は韓国に対してこのように振る舞い、世界も日本を好むのだ、としている。

近代史において、日本は韓国と戦争なぞしたことはないという、事実誤認は脇に置くとしても、このコラムの
論法はいささか乱暴に過ぎる。"良心的な過去史反省"が外部環境によって生み出されるのであれば、周辺を、中国・ロシア・日本と大国に囲まれた韓国は、それこそ"良心的な過去史反省"をせざるを得ないことになる。

例えば、ベトナム戦争に参戦した韓国軍によるベトナム民間人の虐殺にしても、ベトナムは韓国に謝罪も補償も求めていない。だけど、韓国が"良心的な過去史反省"をしているのであれば、たとえベトナムがそれを求めていなくても、謝罪を賠償を行わなくちゃいけない。けれども、今のところそんな動きはない。



BBCの調査で、日本に対して、圧倒的に否定的評価を下したのは、韓国と中国だけ。それは、この朝鮮日報のコラム自身も認めている。自分の日本に対する評価は、世界からみたらマイノリティであるという事実を目の当たりにして、もしかしたら、自分達の見方が偏っているかもしれない、という方向には考えが向かないのだろうか。

まぁ、こんなことを日本が韓国に対して言ったとしても、彼らは中々受け入れないだろうけれど、実は世界だって同じことを思ってる。

5月22日、アメリカ誌のナショナル・インタレストは、「中国人や韓国人は、『日本の議員の行動は日本を孤立させ、国際社会での信用獲得を難しくさせる』と信じているかもしれないが、こうした観点を持っているのは恐らく中国と韓国だけであろう。 日本は孤立するどころか、アジア諸国など多くの国から経済分野におけるパートナーと見られ、さらに、安全保障上のパートナーとみなす国がより多くなってきている。 …もし日本がドイツのようにあるべきだと言うならば、中国や韓国もフランスのような振る舞いをするべきだろう。和解するということは、一方的な行為や過程ではない。中国や韓国が真に和解を希望するのであれば、積極的に日本と接触を図り、オープンの場で、日本の謝罪や努力が十分でないと認めたり、あるいは賞賛すべきである」と述べている。実に正論。

特に「和解するということは、一方的な行為や過程ではない」と指摘するあたり、ナショナル・インタレスト誌にしてみれば、中国や韓国の振る舞いは「和解の名を借りた一方的な要求」と映っているのだろう。

先日、安倍総理が、宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪れた際、試乗した「ブルーインパルス」の練習機の機体番号が「731」だったことについて、韓国各紙が「731部隊だ」と非難の大合唱をしたことがあった。これについて、小泉進次郎議員が、「だったら、何番だったら喜んだんですかね?」とコメントしていたけれど、そのとおり。

そもそも、日本と韓国との国家間の条約として、日韓基本条約が結ばれ、「完全かつ最終的に」解決されたことになっている。そして、その上で、慰安婦問題で強制の証拠が見つからなかったにも関わらず「河野談話」を出し、「アジア女性基金」を設立して、道義的な責任も果した。

韓国は、そうした日本側の努力を認めることもなく、増してや称賛もなく、相も変わらず、「謝罪していない」、「反省していない」と批判する。

韓国大手紙・中央日報の東京総局長であるキム・ヒョンギ氏は、5月4日「佐々江大使様、形容詞が違いましたから」という記事の中で、親しい日本人記者から、酒の席で「いったいどれほど、さらに謝れば良いのか?」と問い詰められ、その度に、冗談半分・本気半分で「上手にできるまで!」 と答えると述べているけれど、それならば、「じゃあ、ライタイハンに、その"上手な謝罪"とやらをやってみせてくれ、お手本にするから」くらいは言い返したくなる。

日本だって、もういい加減ウンザリしている。ネットを始めとする情報化社会において、日本にもようやく韓国の"生"の姿が知られ始めてきている。一方的な批判だけでは反発を生むだけ。

韓国は、いつまでも日本に甘えてばかりいないで、少しは、世界からの客観的評価にも真摯に耳を傾けないといけないと思う。今のままでは、未来志向の関係構築は増々難しくなるだろう。




画像

この記事へのコメント

  • opera

    まぁ、ここで言う「歴史についての一つの観点」とは、朱子学的「大義名分」論に過ぎず、特ア三国の歴史的プロパガンダに共通する理論的背景なのですが、多分彼らにその自覚はないでしょう。それは、漢字教育廃止であれ文化大革命であれ、自らの歴史を事実上消してしまっているからです。
     その結果、こうした歴史観を受け入れない日本・理解しない世界という現実に直面して少々戸惑ってはいるものの、本質的な誤りに気づくこともないでしょう。
     なぜなら、『…一つの時代の思想は必ず行動の規範となって残るから、歴史を消せば、自己の行動の規範が何に由来するか、その本人も不明になり、基準はただ「そうしないと気がすまぬ」という感情だけになってしまう。そしてそのためにかえってその規範から脱却できず、同じことを繰り返す結果になってしまう』(山本七平)からです。
     結局、この問題を根本的に解決するには、彼ら自身が自らの歴史を省みて国際的な視点から見直すしかないのですが、これは日本がどうこうできる問題でもありません。したがって、面倒ではあっても、日本はそういうものだと割り切って対処していくしかないんだろうと思います。
    2015年08月10日 15:22
  • 八目山人

    テレビを棄ててから毎日外国の映画を見ています。
    アメリカ映画やテレビドラマの中に描かれる朝鮮人やシナ人は、結構よく描かれている。(日本人のほうが変な奴として描かれていることのほうが多い。しかし車はトヨタや日産がよく出てくる。)
    その理由は、彼らは事大することが性となっているから、アメリカという大国あるいはその国の人に事大してスリスリするから、アメリカ人にとっては気持ちよいからでしょう。
    80年前にラルフ・タウンゼントが言っている通りでス。
    2015年08月10日 15:22
  • プチ農

    韓国の行動は、日本に対するレイシズムです。日本のマスコミは韓国のありのままを知らせるべきです。その方がはるかに友好的だと思います。日本が彼らをどう見るのか、韓国はかなり気にしています。NHKは特に反省すべきと思います。
    2015年08月10日 15:22
  • 朱鷺池

    南北朝鮮にとつて、世界観が画けない。その核となる文化に誇りが持てない。
    人物が出ない。大局的に認識すべき歴史観が持てない。見つければ良いのに。
    精神に踏ん張りが無いから創造する力に結実しない。条約は守る。いくら騒いでも
    未来は彼らの想像の先に、日本は世界と共に進む。
    2015年08月10日 15:22
  • mohariza

    私は、グローバルスタンダード( global standard:世界標準)と云う世界は大嫌いで、米英及び日本を含む世界を網羅している訳の分からない企業及び組織、それに組する国家権力組織は、人類の全うな生き方上、排他すべきと思っている人間です。

    そろそろ、そのような組織の社会から 脚を洗おう と思って、準備はしていますが、

    日中韓米、他権力を握っている国々の思惑から、世界の人民(:国民、民族、部族、地域住民等)は、(武装蜂起とは云いませんが・・・、)
    <権力者の宣伝に使われている>マスゴミの偏見の(:意図され、操作されている)報道から目覚め、立ち上がり、
    人類だけでは無く、地球圏の生命を含めた地球圏の安泰を目指すべき、と思います。
    益々、グロバーリズムと云う世界感で、この世界は おかしくなっている と思います。

    今後の私の生きるすべは、それらを正すこと、と微力ながら感じています・・・。
    2015年08月10日 15:22
  • 白なまず

    竹田先生のおっしゃるとおり、支那朝鮮の工作に煽られるのは日本人の歴史教育の問題なので、、、、日狂組、文無省、左翼学者を追い詰め、歴史教育を取り戻すしかないでしょうね。倉山満先生のよると既に明治の教育もおかしかったようなので、江戸時代まで戻って教育を再構築する必要があるようです。

    第6期4話文明開化と西洋化~追いつけ追い越せ欧米に!【CGS倉山満】
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm21042406
    2015年08月10日 15:22

この記事へのトラックバック